スポンサーリンク



「道の駅富士吉田」(山梨県富士吉田市)

◆「道の駅富士吉田」

標高900m、国道138号線沿いにある「道の駅富士吉田」には、富士山アリーナや富士山レーダードーム館なども併設。

無料で持ち帰れる富士山の伏流水が人気。

駐車場も広く夏のドライブ休憩にはうれしい道の駅です。

車中泊にも向いているかな?と確認してきました。

スポンサーリンク

「道の駅富士吉田」の特徴

「道の駅富士吉田」(山梨県富士吉田市)に併設のモンベル

◆「道の駅富士吉田」に併設のモンベル

「道の駅富士吉田」はアウトドア総合メーカーのモンベルも併設されています。

また「ふじやまビール ハーベステラス」もあり、道の駅付近よりも車が多いですね。

「道の駅富士吉田」(山梨県富士吉田市)に併設の富士山アリーナ室内遊園地

◆併設の「富士山アリーナ」

同じく併設の「富士山アリーナ」は室内遊園地のようです。

ドッグランもあり、お買い物から食べる遊ぶ、そして学ぶまでそろったエリアです。

関東圏の道の駅として、とても人気が高いのもうなづけます。

スポンサーリンク

富士山の伏流水持ち帰り

「道の駅富士吉田」(山梨県富士吉田市)富士山伏流水入れタンク

◆タンクも販売

富士山の伏流水が持ち帰り可能。

水くみ場には5つ蛇口があり、無料で好きなだけ持ち帰れます。

お土産・食事

「道の駅富士吉田」(山梨県富士吉田市)富士山伏流水を使用して作る饅頭

◆富士山伏流水を使用して作る饅頭など

お土産ものは富士山の伏流水を使って作るものが多くそろっています。

地元のお母さんたちの作る酒まんじゅうもそのひとつ。

「道の駅富士吉田」(山梨県富士吉田市)富士山伏流水を使用して作るシャインマスカット

◆富士山伏流水を使用して作るシャインマスカットゼリー

同じく富士山の伏流水を使ってのシャインマスカットゼリーも人気だそう。

とにかく富士山にちなんだものがなんでもそろう。

また「馬肉まん」というキャベツと馬肉がトッピングの吉田のうどんの馬肉がふかしまんになったものも一押し商品です。

軽食コーナー

軽食コーナーでは、富士吉田の郷土料理「吉田のうどん」がやはりおすすめ。

お座敷もあり、馬肉を具にした硬めのねじれ麺がやっぱりよいですね。

軽食コーナー営業時間:10:00~18:00(時間変更あり)

「道の駅富士吉田」駐車場

「道の駅富士吉田」の駐車場は他の施設とも合わせると、普通車218台、大型車10台、身障者6台にもなります。

駐車場を中心として、施設が周囲を囲むようにたっています。

駐車場はどこもフラットですね。

近くの日帰り温泉

ここから5.5キロの距離に「山中湖温泉紅藤の湯」(単純温泉)があります。

  • 営業時間:9時から21時
  • 休み:火曜日
  • 料金:800円
スポンサーリンク

「道の駅富士吉田」まとめ・車中泊は

道の駅だけでなく同じ駐車場を利用して、遊ぶ・食べる・買うなど充実した施設がそろっているので、年間を通して多くの人が訪れている。

フラットな駐車場はとにかく広く、日帰り温泉は5.5キロの距離で行きやすい。

道の駅の食事は軽食のみで18時までなので、夕食をとるには向きません。

しかしながら「ふじやまビール」さんなら平日19時まで(ラストオーダー18時まで)、土日祝は21時まで(ラストオーダー20時まで)なので、地ビールとともに肉料理、ピザ、魚介その他の単品料理なども利用できます。

夏に涼しいので車中泊にも向いていると思います。

時短営業:2020年8月1日(土)~ 当面の間

  • 物産館・案内所 9:00~19:00 
  • 軽食コーナー 10:00~17:00
  • りとるきっちん 10:00~17:00

富士吉田市の「道の駅富士吉田」案内ページ

「道の駅すばしり」でも富士山の涌き水を好きなだけ持ち帰りができます。

富士山を見ながらゆっくりできる「道の駅 なるさわ」もとても魅力的!今回の車中泊はここにしました⇒「「道の駅 なるさわ」で車中泊体験・富士をまるごと/温泉あり(山梨県鳴沢村)」

※2020年8月25日(火)訪問

 山梨県富士吉田市新屋1936−6 道の駅富士吉田

山中湖・道の駅富士吉田【熱海箱根富士五湖20年8月の3】還暦夫婦のドライブ走行動画

 




スポンサーリンク