スポンサーリンク



ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)玄関、築300年以上の古民家を移築した玄関母屋

◆ひらゆの森・築300年以上の古民家を移築した玄関母屋

平湯温泉の「ひらゆの森」という日帰り温泉にはいってきました。

広大な敷地、森の中のゆとりあるいくつもの湯舟には、乳白色の温泉が流れ出ます。

施設は合掌造りの重厚なたたずまいで、廊下が広く長いのも特徴。

露天風呂の広さと森の静けさ、あふれる温泉に圧倒されながら、しみじみくつろげました。

「ひらゆの森」は「ゆらん」という天然温泉の雑誌でも人気ナンバーワンの温泉です。

さっそく体験を詳しく口コミ報告しますね。

スポンサーリンク

「ひらゆの森」の温泉施設・料金時間

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)玄関ロビー

◆ひらゆの森玄関ロビー

まずは料金と時間から。

スポンサーリンク

「ひらゆの森」料金

  • 入浴料金:大人600円 子供(3~12才)400円

<購入できるもの>

  • タオル:200円
  • 剃刀:100円
  • バスタオル:500円

ひらゆの森・時間

営業時間:10時から21時(受付20時30分まで)

(お休みはなさそうです)

入場方法

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)玄関と靴箱

◆玄関と靴箱

玄関を入り、靴は昔ながらの下駄箱(木製の棚)に入れます。

下足ロッカーはありません。

靴箱は大きい(広い)のでどこに入れたか覚えておこう。

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)入場券券売機

◆券売機

券売機で入浴券を買い、フロントに渡して入場。

すぐに土産物売り場があり、利用できますよ。

スポンサーリンク

ひらゆの森」温泉設備について

男女別の露天風呂で、男湯7つ、女湯9つ。

男女別大浴場で、サウナ、水風呂。

シャワー付きの洗い場完備。

ボディソープ、リンスインシャンプーは浴室にあり。

脱衣場、パウダールームについて

脱衣用のロッカーは100円必要です。

ドライヤー・ドレッサーあり。

(綿棒・クシ・ティッシュなし)

女湯でひらゆの森の温泉を詳しく

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)女湯ののれん、入り口

◆女湯入り口

売店を通り越して、幅の広い廊下を歩いていくと男湯が、そしてその奥に女湯があります。

木製の引き戸は重々しく、脱衣所も永年の風格を感じさせる造りです。

コインロッカー(100円もどりません)もありますし、衣類をいれるかごと棚も充実。

脱衣所も浴室も灯りが暗いので、視力の悪い人は足元など気をつけたいです。

内湯大浴場

内湯には洗い場と大浴場があります。

大浴場の温度はかなり熱め、温度計はないです。

薄く白くにごったお湯がたっぷりとあふれています。

露天風呂

女湯の露天風呂は9つあり、男湯より2つ多い。

一つは円形の湯舟で、ヒノキの四角いものも一つ。

あとは岩風呂で、敷地の傾斜に合わせて入り組んだ配置になっています。

木々にかくれるように、また木漏れ日を浴びるように岩風呂がつらなります。

歩く道は幅があり、温泉の成分で薄茶色(黄色)の層が幾重にもできています。

どこのお湯もたっぷりのお湯が流れ入って、またざあざあとあふれ出ているので、お湯の流れる音が一番大きいですね。

三つの湯舟には透明にちかいお湯に「湯の華」がたくさんゆれていました。

他の湯舟は薄い白いお湯で微妙に透明感のあるお湯なども。

湯温はぬるいと感じるものが3つ、中くらいが4つ、あとはやや熱めでした。

この日は新型コロナの関係で、サウナは中止。

水風呂は谷水をひいていることで、ヒヤっとする冷たさです。

12度といううわさですが、私は脚と腕だけで精一杯。

相方は全身ざぶんとつかれて気持ちよかったそうです。

サウナ入り口に飲み水あります。

「ひらゆの森」泉質について

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)温泉分析書

◆ひらゆの森温泉分析書

  • 泉質:カルシウム・ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩・塩化物泉
  • 湧出量:毎分600リットル
  • 源泉温度:67.7度
  • ph:6.7
  • 源泉温度が高いため谷水にて適温に調整している。
  • 循環・塩素消毒は一切行っていない。

たっぷりの湧出量と湯温が高いことから、冷たい谷水を加えることで適温にしている。

湯舟の温度が微妙に違っていて、白濁の度合いも若干違うので、好みの場所温度を探すのも楽しいです。

無料休憩所

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)無料休憩所の天井合掌造り

◆ひらゆの森・無料休憩所の天井合掌造り

無料休憩所は合掌造りの高い天井で、とても広い畳敷きの部屋です。

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)無料休憩所

◆ひらゆの森畳敷き無料休憩所

外の森の景色も見え、広い畳でくつろげます。

自販機にはビール・アイスあり、電動マッサージ機あり。

食事処

「ひらゆの森」岐阜県奥飛騨温泉郷 レストラン食事処

◆「ひらゆの森」食事処

食事処もみの木は自然豊かな森のレストラン。

床暖房完備、広々した座敷と森に面したテーブル席・カウンター席。

飛騨牛料理・定食・単品・丼物メニュー・ピザ・お酒のおつまみ等々いただけます。

好きなものを好きなだけ食べたい人向きの食事処です。

営業時間:午前11時から午後9時まで

お土産が買える

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)フロントそばの土産物売り場

◆土産物売り場

フロント横には土産物売り場があり、日帰り温泉の利用でも購入できます。

足湯と駐車場

駐車場は玄関前にあり、広く、無料です。

ひらゆの森(岐阜県奥飛騨温泉郷)森の灯台の下が足湯(無料)

◆森の灯台の下が足湯

駐車場の入り口に、大きな「森の灯台」があり、ふもとが足湯になっています。

無料でりようできます。

アクセス

<東京から>

バスターミナル渋谷から平湯バスターミナルまで4時間30分⇒平湯バスターミナルからは徒歩3分

<名古屋から>

JR高山線特急で2時間20分、高山から飛騨バスで平湯バスターミナルへ1時間⇒平湯バスターミナルからは徒歩3分

まとめと終わりに

ひらゆの森が人気の理由は、こんもりとした木々に囲まれての「森林浴」と「温泉浴」が心ゆくまでできることでしょう。

そのうえ、たたみの広々とした合造りの休憩所でくつろげ、施設内のやや暗く広い間取り、テレビのない落ちつき。

森の中にあるという深い穏やかさを感じながら過ごせるので、心からくつろぐことができます。

宿泊のバリエーション

「ひらゆの森」は宿泊もでき、本館、新館、離れコテージとあります。

コテージは基本素泊まりですが、冷蔵庫・ITキッチンが設置されているので、食材・食器類持参で気ままに泊まれます。

  • コテージの料金:5名定員コテージ 28,000円(税別・入浴税別)
  • 1泊2食宿泊:平日大人7,800円 小人6,000円(土日休日前は少しアップ・消費税入浴税別)

宿泊者は滞在中無料で貸切風呂を利用することも可能。

周辺の観光

夏は平湯キャンプ場で、オートキャンプサイト、全棟ロフト付きのバンガローサイト、常設テントエリアあり。

冬は平湯温泉スキー場へ。

また一足のばすと、有名な名所観光ができます。

  • バス30分で:上高地
  • バス60分で:乗鞍岳(乗鞍スカイライン)
  • マイカー30分で:新保高ロープウェイ
  • マイカー40分で:飛騨高山
  • マイカー80分で:白川郷
  • マイカー40分で:レールマウンテンバイク

楽しみが多いところなので、連泊して温泉「ひらゆの森」を楽しむという計画がよさそうですね。

今度は宿泊で絶対にリピートしたい温泉でした!

「ひらゆの森HP」

この日は車で15分ほどの「道の駅 奥飛騨温泉郷上宝」で車中泊しました⇒「「道の駅 奥飛騨温泉郷上宝」で車中泊体験/焼岳の景観(岐阜県高山市)」

落差64mの平湯大滝は見事⇒「平湯大滝・駐車場(展望広場)からの眺めとミスト/冬は結氷が(岐阜県奥飛騨温泉郷)」

※2020年8月4日訪問

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763−1 ひらゆの森

【ひらゆの森】平湯温泉と道の駅 奥飛騨温泉郷上宝の動画です。




スポンサーリンク