スポンサーリンク



トンボロ干潟(愛知県西尾市東幡豆海岸)引き潮で前島までつながる

◆海岸と前島がつながったトンボロ干潟

愛知県西尾市の東幡豆海岸には、潮干狩りのできる干潟があります。

そこは潮が引いたとき海底が現れて、前方の「前島」と海岸がつながり歩けるように。

潮が満ちると海で島とは隔たってしまいますが、この現象を「トンボロ現象」といいます。

前日夕方来たときは、海しかわかりませんでしたが、今朝は打って変わった光景に。

愛知県西尾市東幡豆海岸の潮干狩り会場、案内小屋とトンボロ干潟を見ている

◆前日夕方は海だけ(駐車場方向から見ている)

潮の満ち引きによって景色ががらっと変わるのは、とても神秘的です。

スポンサーリンク

トンボロ干潟(西尾市東はず海岸)の様子

トンボロ干潟(愛知県西尾市東幡豆海岸)引き潮で前島までつながる

◆トンボロ干潟と潮干狩の会場

ちょうどこの日潮が引きかけているときで、砂浜(砂洲)が見えていました。

写真の時刻は午前10時18分。

幅数メートルで前島とつながっています。

すでに何人かが、一番砂が白くくっきりしているるところでアサリとりをしているのが見えます。

干潮時刻が午前11時50分ということなので、あと1時間半ほどかけてさらに砂洲が広がるわけです。

漁の期間がすでに最終近くになっているので、「アサリは少ないです」と看板がありました。

スポンサーリンク

BBQもできる・要確認

緑がこんもりと美しい「前島」に赤い屋根がみえますが、そこでBBQができるようです。

渡し舟も出してもらえるので、事前に確認してみてください。

スポンサーリンク

潮干狩り料金(東はず海岸・前島)

愛知県西尾市東幡豆海岸の潮干狩り料金

◆西尾市東はず海岸の潮干狩り案内所

東はず海岸の潮干狩り案内所にある看板によると、

  • 入漁料金1200円(約2㎏入る)
  • 追加料金は入漁袋以外1 kg 800円
  • カギ代一丁100円で貸し出し(返却で50円返します)

7月20日(月)に訪問したのですが、この日の干潮時間は11時50分。

9時50分から潮干狩りができたようです。

そしてこの日の漁の時間は午後2時とかかれていました。

つまり約4時間が潮干狩りのできる時間帯となりますね。

潮干狩り期間

東はず海岸と前島までの場所では、2020年は3月10日(火)から8月4日(火)まで

前島への渡船料金(往復):大人900円 子供450円 幼児無料

潮干狩りができるのはひと月のうち約2週間だけで、時間もマチマチですから、干潮時間を確実に確認してからにしてくださいね。

駐車料金

西尾市東はず海岸の潮干狩り、駐車場と料金

◆西尾市東はず海岸の潮干狩り、駐車場

駐車場は一回500円。

西尾市の潮干狩り5か所

西尾市では3月から7月ごろまで、三河湾に面した5ヶ所で潮干狩りができます。

 三河湾のアサリはポッチャリ型で甘味あるということです。

潮干狩りが楽しめる時間帯は日付・場所によって異なります

潮干狩り予定表を確認してから、干潮の2時間前ほどから干潮までが潮干狩りには最適。

全国でも数少ないトンボロ海岸を

トンボロ現象のある海岸は全国でも珍しいです。

私は初めてみて驚きました。

島があることで波が穏やかになり、島と海岸を挟むように波が押し寄せるのだそう。

そのため底の砂が打ち寄せられ少しもりあがるようになって、海底が浅くなります。

それが干潮のとき見えて島と海岸がつながる現象が現れるわけです。

長い年月をかけてできあがる自然の営み。

そして干潟に生息する生き物を観察できるチャンスでもあります。

特にここ東はず海岸はどこよりも遅く8月4日まで潮干狩りができるところなので、暑さ・日除け対策をして楽しめるといいですね。

西尾観光協会のHPから各潮干狩り場の「潮干狩り時間」を確認してください⇒「西尾観光協会のHP」

 連絡先:西尾市西尾市東幡豆小見行20番地3 東幡豆漁業協同組合 0563-62-2068

※2020年7月20日(月)訪問

◆海鮮やうなぎの食事・海産物のお土産は近くの一色さかな広場がおすすめ⇒「【一色さかな広場】海鮮丼かうなぎか?朝5時朝市からにぎわう(愛知県西尾市)」

近辺の動画です。

 

愛知県西尾市東幡豆海岸




スポンサーリンク