スポンサーリンク

このサイトには広告が含まれます。

大須大道町人祭2023開催/スケジュールと出演者/花魁道中コース/屋台

スポンサーリンク



大須 仁王門通

名古屋の歴史ある地区、大須にて毎年秋に繰り広げられる「大須大道町人祭」。

このイベントでは、街の隅々が芸の舞台と化し、数々の大道芸人たちがその技を競い合います。

ジャグリングからパントマイム、伝統的なおいらん道中まで、古き良き日本の文化と現代のエンターテインメントが融合した祭り。

「三英傑の名古屋まつり」の裏側で、名古屋の秋を彩り豊かに演出しますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年大須大道町人祭を開催!日程

猿回し

2023年令和5年の大須大道町人祭は、10月14日(土)15日(日)の二日間です。

今年でもう44回目となります。

日本全国の大道芸人が一堂に会する唯一のお祭りです。

また、毎年大好評の大須名物「おいらん道中」は今年も必見ですね!

イベントの詳細はまだ発表されていませんが、例年の内容にさらにパワーアップしたイベント内容になるのでは。

今年の詳しいことがわかるまで、昨年2022年の内容で予想や予定をたてておきましょう。

以下は2022年令和4年、3年ぶりの大須大道町人祭のイベントの開催内容です。

スポンサーリンク

2022年大須大道町人祭・イベント

大道芸人 ピエロ

スポンサーリンク

イベントのハイライト

★ジャグリング、舞踏、パントマイム、ガマの油売りといったさまざまな芸が披露されました。

★おいらん道中: 華やかなおいらんに扮した一般公募の女性たちが大須の街を練り歩きました。

大須大道町人祭の日程10月15日(土)、16日(日)

日程は10月15日(土)、16日(日)の二日間ですが、前夜祭も。

前夜祭は14日(金)18:00〜 で、@万松寺会場。出演: おいらん道中、OS☆U、りずむらいす、ザ・スコビルズらが出演しました。

イベント内容

タイガーマスク プロレス

  • オープニングには「大須ごった煮パレード」。
  •  51組の大道芸人が17の会場で披露。
  •  8組のおいらん道中が練り歩く。
  • 独特のコラボ演目、夜の演目、プロレス会場での熱戦、楽しい屋台。
  • 名古屋まつり「郷土英傑行列」のフィナーレ「大須の花道」。

イベントの内容があまりにも多いので、お祭り当日に会場にてガイドブックが配布されました。

開催日少し前にスケジュールが公開されたため、2023年も事前にわかるかもしれません。

とにかく行ってみて、何がやってるのかお目当てをめぐるのも楽しい!

出演者とイベント

大須大道町人祭 パフォーマンスラインナップです。

<一般パフォーマンス>

  • 金粉ショウ: 大駱駝艦
  • 寸劇: デカルコ・マリィ
  • スーパーコミック歌舞伎: ハラプロジェクト
  • 似顔絵エンターティメント: 桜小路富士丸
  • アイシュー仮面 & 他: Mr.BUNBUN
  • 中国雑技: 張海輪
  • クラウン: ザ・スコビルズ
  • ポールダンス: めりこ
  • パフォーマンスカルテット: to R mansion
  • 和風手品師: izuma
  • Performer: SYO!
  • マジック: LUNA
  • バルーン: Syan
  • 活弁: 坂本頼光
  • ダブルダッチ: NEWTRAD
  • フリースタイラー: NARI
  • 独楽: komatan

<パントマイム>

  • パントマイム(山本光洋)
  • ジャグリングマイム(池田洋介)
  • パントマイム(シルヴプレ)
  • パントマイム(カナールペキノワ)

<ロービング>

  • パントマイム: 一人プロレス
  • ガンジスインダスドータス
  • ジェンガ金次郎
  • 享保之象

<スタチュー>

  • ペストリカ

<特別パフォーマンス>

  • 大須プロレス

日本の大道芸

  • ちんどん通信社
  • 江戸糸あやつり人形 上條 充
  • がまの油(石原耕)
  • けん玉(伊藤佑介)
  • 飴細工アーティスト 蜜咲ばう
  • あめ細工家きたきや
  • 大須のアイドルユニット OS☆U
  • 大須のアイドルユニット OS☆K

もっともっと多くの出演者が登場しました。さあ、今年はどうなる?

大須の花魁道中は何がすごい?

おいらん 花魁道中

花魁(おいらん)道中というのは、かむろや傘持ちをひきつれた花魁が、高下駄で八文字を描きながら、街をしゃなりしゃなりと歩きすすんでいきます。

花魁は一般公募で選ばれた人ばかり。

映画やドラマの江戸の世界が大須によみがえります。

※かむろ:肩までで切りそろえた児童期の髪型、あるいはその髪型をした子供で、江戸時代の遊廓に住む童女をいいます。

花魁道中のコースどこを歩く?

2022 大須大道町人祭 花魁道中のコース

◆2022 大須大道町人祭 花魁道中のコース

これは昨年2022年の花魁道中のコースです。

一日に2回、両日ともに別のコースを練り歩いています。

 8組ものおいらん道中が練り歩くのですから、それはもう見ごたえ十分な迫力です。

時間前から待つのもいいですし、必ず花魁を見ることができる方法をこっそり伝授。

花魁を必ずみる方法

おいらん 花魁道中

本部前に待機する!

大須 東仁王門通

本部前が花魁道中の起点であり終点です。

本部は東仁王門通りの愛知銀行の東です。

赤い傘を探す!

赤い傘 和傘

花魁には赤い大きな傘がさしかけられています。

遠くからでも目立つ赤い傘がおいらんの目印です。

おな~り~の掛け声をキャッチ!

大須太夫の口上「おな~り~」をいち早くキャッチ。

おいらんの行く先ではお付きの男衆のおいらんのお出ましを知らせしています

逆回りで待機する!

その手があったか!の逆待機。

おいらん道中は各回上のコースで練り歩くので、その逆をたどっていけばおいらんに会えます。

大須大道町人祭に屋台はでる?

夏祭り 屋台

それはもう、たくさんの屋台がでます。

お正月の時と同じかそれ以上の盛り上がりなので、非常に多くの屋台屋台屋台。

なんでもありの大須なので、屋台グルメを大いに楽しめます。

大須大道町人祭の起源と特色

大須商店街

1978年(昭和53年)の10月、名古屋市の中心部で行われる「名古屋まつり」に対抗する形で、大須地域で新たな祭りの創出が始まりました。

中日プロダクションの故高橋寿々夫氏を中心としたこの取り組みは、大道芸の衰退を食い止めるとともに、街を人々の生活の舞台として再び活気づけることを目的としていました。

「街は人にとって生活ドラマの舞台である」という理念のもと、「大須大道町人祭」が手作りの精神で開催されました。

この祭りは、名古屋まつりのような派手な装飾や華やかなパレードは持たないものの、昔懐かしの小屋掛けや猿回し、がまの油売り、バナナの叩き売り、

のぞきからくり、人問ポンプ、七味唐辛子売りなど、多種多様な伝統的な大道芸が披露されました。

その結果、大須の南店街は夜遅くまで賑わいを見せ、新たな伝統としての礎を築くこととなりました。

大須大道町人祭の展開と今

「名古屋まつり」と競合する形で設立された「大須大道町人祭」は、名古屋まつりの公式的な雰囲気に対抗して、より庶民的で手作りの感性を大切にして成長してきました。

官製のまつりに一石を投じる意図で、わざと「名古屋祭り」と同じ日に開催を決定し、市民の間で大きな話題となりました。

名古屋まつりの「三英傑行列」に立ち向かうように、大須大道町人祭は「おいらん道中行列」や「子供英傑行列」などのオリジナルな行列を手作りの精神で作り出し、祭りの魅力を増していきました。

年々新しいアイディアや企画が取り入れられ、今年で44回目を迎えるこの祭りは、庶民からの熱いサポートを受けつつ、全国的にも大道芸人たちが集まる名高いイベントとして定着しています。

大須大道町人祭2023開催/スケジュールと出演者/花魁道中コース/屋台・まとめ

大須大道町人祭は、大道芸を見て回るのがとても楽しい祭りです。

一番人気の金粉ショー、去年もすごかったですね。

都心に近く、数々の商店が並び、演芸場もある、老若男女が集う名古屋では最も楽しい地域と思います。

名古屋まつりと2023年の日程はかぶらないので、どちらも楽しんだらええがね。

※名古屋まつりは10月21日・22日

大須商店街公式

2022年の出演者についてはこちらを参考にしました⇒「大須大道町人祭

<関連ページ紹介>

◆2023名古屋まつりはいつ?日程・英傑行列時間コース・屋台・イベント

2023名古屋まつりはいつ?日程/英傑行列時間コース/屋台/イベント【動画あり】
2023年令和5の名古屋まつり開催決定。2022年令和4の名古屋まつりの開催日時、英傑行列のコース、交通規制と地下鉄出入り口封鎖。無料開放施設と割引のある施設。両日のイベントの詳細。初日の英傑行列の様子報告。

◆愛知紅葉スポット2023名所ランキング・見頃とライトアップ・穴場

愛知 紅葉スポット 2023名所ランキング/見頃とライトアップ/穴場も紹介/雨の日は?
愛知の紅葉スポットを紹介。2022紅葉の名所をランキング形式でお伝えします。地元民が実際に行っての感想とおすすめです。見頃の時期やライトアップの有無、穴場的な紅葉名所もあわせて紹介。

 

※詳細未定 イベント未だ 9月上旬中旬下旬




スポンサーリンク
名古屋市
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
スポンサーリンク
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました