スポンサーリンク



名古屋名物銘菓「なごやん」アップ

名古屋の銘菓「なごやん」は、ホクホクとしたお芋のような餡を、柔らかい香ばしい焼き皮で包んだ和菓子(黄味あん)です。

「なごやん」を個包装している包みには、金シャチが寄り添うように描かれて、名古屋名物をアピール。

お土産にも最適と思います。

名古屋名物銘菓「なごやん」個包装

「キラり金鯱見上げてみれば 粋ななごやん心意気 尾張名古屋は城でもつ」と書き添えられています。

人気の秘密の

  • お値段
  • 日持ちする期間

をお伝えしますね。

スポンサーリンク

「なごやん」のお値段・日持ち

「なごやん」は、名古屋のスーパーにいつも売られています。

5個入りなら400円弱なので、1個75円くらいですね。

10個・14個・21個入りの箱入りなどもありますよ(箱入りは一個80円くらい)。

日持ちも長く、製造日より45日間

ちょっとした手軽なお土産に、地元でもよく利用されています。

スポンサーリンク

親しまれて60年の「なごやん」

なごやんは販売60年にもなる名古屋銘菓。

製造しているのは「敷島製パン株式会社」さん(Pasco)で、名古屋市内に工場を持つ、地元では有名なパン屋さんです。

名古屋名物銘菓「なごやん」5個入りのおさがり

◆なごやん5個入り

これは町内のお祭りで「おさがり」としていただいたもの、5個入り。

名古屋駅のお土産屋さんにはもちろん、スーパー、また名古屋のコンビニでも見かけます。

やや小さいですが、パッケージをあけて手を汚さず食べることができ、甘党の人なら2個3個と欲しくなるでしょう。

甘党でない人も1個ならちゃんと食べきれるくらいのサイズと甘さです。

日持ちもするし、一つの食べごたえが重すぎず、子供からご年配まで誰に送ってもよろこばれると思います。

スポンサーリンク

「なごやん」の味・中身

名古屋名物銘菓「なごやん」中のあんの様子

いつもは緑茶で「なごやん」をいただいています。

半分に切ってみました、中の餡はこんな風です。

周りの皮がとっても香ばしい、でも柔らか、餡ですけどほっくりして乾き気味。

包みの裏を見たら、「黄味あん」となっていました、卵の黄身がたっぷりの色と味ですね。

餡の真ん中はしっとりしているんです。

名古屋名物銘菓「なごやん」の中身アップ

調べてみたら昭和33年に発売開始で、当時は「名古屋コーチン(鶏)の卵」を使用していたそうです。

それでも低価格でボリューム感ありということで、それなら人気も当然でしょう。

今ではさすがに名古屋コーチンの卵は使っていないようですが。

お値段の割には満足感のある「なごやん」です。

名古屋銘菓の誉れあり!

  • 昭和44年以来現在まで「名古屋市優秀観光名産品」として認定されている。
  • 平成2年には「なごや土産品デザイン優秀賞」を受賞。
  • 平成3年には天皇皇后両陛下もご覧になられた「愛知の物産展」に出品。

など食品界で大きな注目を集めてきた実力派。

名古屋市民としては、運動会やお祭、手土産などに、当たり前のように身近にあるお菓子です。

日本茶にとってもよく合いますよ!

created by Rinker
パスコ
¥1,536 (2020/07/15 01:25:31時点 Amazon調べ-詳細)



スポンサーリンク