大相撲名古屋場所初日2015年・会場付近の様子です

スポンサーリンク



浴衣姿の力士さん

7月12日(日)から大相撲名古屋が始まりました。

昨日から晴天で、会場の愛知県体育館の周辺を歩くと、気の早いセミの声が時々聞こえます。

大相撲は、遠藤や逸ノ城、照ノ富士などの人気の力士たちの熱戦や、ファンサービスなどの努力で、このところ初日から満員御礼が続いています。

名古屋場所の初日の今日も、午後3時に散歩がてら会場の入場券売り場へ行ってみると、、すでに売り切れたというアナウンスが流れていて、窓口は赤い文字で「売り切れ」と書かれています。

これから見物にという人たちで、地下鉄の駅から大勢の人が歩いて会場へと向かっています。

 

スポンサーリンク

大相撲名古屋場所の会場周辺の様子

大相撲名古屋場所ののぼり

名古屋城の石垣をバックに、壮観です。その後ろにやぐらが組まれています。

大相撲名古屋場所ののぼり横綱から

左から横綱ののぼりが順にならんでいます。白鳳、日馬富士、鶴竜そして大関稀勢の里、豪栄道と。

鶴竜はケガで休場していて三場所目の出場。照ノ富士は大関昇進の場所です。

日馬富士は左ひじの手術をしていますから、どんな一番を見せてくれるのでしょう。ファンとしては気になります。

 

愛知県体育館の東側

今ののぼりの左端から振り向くと、大相撲名古屋場所の会場の愛知県体育館が見えます。

駐車場は早くからいっぱいになるので、地下鉄やバスなどを利用するのが賢明ですね。

 

浴衣姿の力士さん

浴衣姿の力士さん

名古屋場所は7月の初旬~10日あたりの日曜から始まるので、梅雨があけるかどうかのあたりからで

とても蒸し暑い季節です。

力士さんはみなさん「浴衣」を着ています。

会場横を入り口に向かって歩く力士さんで、近くにある藤島部屋の力士さん二人です。(名前はわかりません、稽古を拝見させてもらったので覚えてました)

体格がいいから帯の食い込みがいいですね。

 

愛知県体育館正面付近の様子

愛知県体育館正面

大相撲名古屋場所が行われる愛知県体育館正面です。

写真をとっている右手には、力士さんののぼりが何十本と連なっています。写真ぶれたのでのせてません。

大相撲名古屋場所正面の飾り一生樽の山

一生樽が積み上げてあり、雰囲気がいいですよ。

完売御礼の立て看板

右のテントには、もう席はないと看板がたってました。

愛知県体育館入り口付近のピンポン外交のモニュメント

入り口左にある、ピンポン外交のモニュメント(1971年のことです)

観光三輪車

観光の三輪車が走っています。どこから乗れるのかな?

よく行く名古屋城付近ですが、この時ばかりは活気が違います。

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy