スポンサーリンク



静岡市立日本平動物園・車のゲート入り口

◆日本平動物園、車のゲート入り口

静岡市にある「日本平動物園」の愛くるしいレッサーパンダを見に行ってきました。

また「ゾウのトレーニング」も見ることができラッキーです。

開園50周年を迎え記念のイベントも行われていて、12月の平日でしたがにぎわっていましたよ。

  • 料金・時間
  • 人気者レッサーパンダ
  • 園内の動物・鳥たち
  • ゾウのトレーニング
  • ランチ・食事
  • 遊園地(遊具)
  • 夜の動物園
  • 駐車場料金

について報告しますね!

スポンサーリンク

日本平動物園を回った動画です。

スポンサーリンク

日本平動物園の料金・時間

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)の入園料と時間

◆開園時間:9時から16時30分(入園は16時まで)

◆休園日:毎週月曜日(祝日又は振替休日の時は翌平日) 12月29日から翌年1月1日まで

◆料金:大人620円 小中学生150円

スポンサーリンク

人気者レッサーパンダ

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)レッサーパンダの繁殖研究をしている

レッサーパンダ館は入ってすぐです。

日本平動物園ではレッサーパンダの研究をしているため、レッサーパンダの展示館はとても広い。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)レッサーパンダ

いろんな角度から立体的に見ることができ、カワイイ姿で動き回り見ていてあきません。

お食事タイムには参加できるのですが、詳しい時間は園内の看板で。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)レッサーパンダの生活についての解説

レッサーパンダの特徴や日頃の生活ぶり、野生ではどこに住んでいるのかなど、疑問に答えてくれる掲示も丁寧です。

園内の動物・鳥たち

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)園内マップ

◆日本平動物園園内マップ(全面禁煙)

園内はレッサーパンダ館から始まり、10の館と遊園地、不思議な森の城からなります。

坂が多いので、その地形を利用した建て方と見学の仕方が工夫されていて、いずれも間近で動物たちをみることができます。

愛嬌のある動物たちを紹介。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)上下に泳ぐあざらし

上下に長い円筒の水槽を、スィーっと泳ぐアザラシ(の仲間)

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)ライオン

生肉の餌を食べようとしないライオン、それよりスマホが気になる?

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)ヒョウ

おりの中にいても怖い、威嚇してきそうなヒョウ。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)動物たちの館はこんな風に立体的

◆館の高さは3階建てくらい

いくつもの動物たちの館があるのですが、どれも2~3階建てくらいの高さがあり、動物たちの姿が全方向から見える(一部の場合も)ように造られていて、迫力ありますよ。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)サイサイ、大きい!

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)アリクイアリクイもかわいい、寄ってきてくれた。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)フライングメガドームの鳥たち

◆フライングメガドームの鳥たち

鳥たちは「フライングメガドーム」という巨大な網のドームにいて、そこ中に人が入っていって見学するということに。

大自然の中でのびのび暮らしているという様子です(網があるので遠くまで飛べませんが)。

鳥をごく近くで見ていると、それぞれ動きも体型も違って、色も美しい。

東屋があり、腰かけてしばし穏やかな時間。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)キリン

二頭のキリン、若くてスマート。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)シロクマ

シロクマ、大きいなあ、のんびり気持ちよさそう。

園内にはたくさんの動物たちがいるし、屋内が多いのも日本平動物園の特徴。

ゆっくり時間をかけて観察できるのがよいですね。

動物は160種類、700点もいますよ!

ゾウのトレーニング

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)アジアゾウのトレーニング中

◆アジアゾウのトレーニング、爪をといでもらっている

アジアゾウのトレーニングは毎日行われています、これは雌のシャンティ。

この日は午後1時15分から10分ほど。

トレーニングといっても、体調管理のための点検も兼ねていて、飼育員さん数人で大切にされているという感じ。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)アジアゾウのトレーニング

後ろ脚を台にのせて、ケガがないかなど見ています。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)アジアゾウのトレーニング

座って背中の上のゴミなどをとっています。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)アジアゾウのトレーニング、人をのせて

28年のベテラン飼育員さん(イケメン)をのせて、ゆうゆうとうれしそうに歩くよ。

毎日一緒の飼育員さんは家族ですね。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)アジアゾウのシャンティ雌

◆お手入れトレーニングしてもらっていたのは雌のシャンティ

開園が69年なのでその翌年に、1歳になるかならないかでインドからやってきたシャンティです。

ダイエットさせているそうで、トレーニングのあとの食事(おやつ)はすくなかったなあ。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)アジアゾウのシャンティ雌

いただきますとひざまづいてから、食事(おやつ)をもらう。

このあと枯草も食べていました。

ふれあい動物園

幼児さんは、小動物とふれあえる「ふれあい動物園」も楽しめる。

  • 平日は、10時半から11時、13時半から14時半。
  • 土日祝は、10時半から12時、13時半から15時。

終了の15分前には入ってね。

ランチ・食事

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)のレストハウスの食事メニュー

◆レストハウスの食事メニュー

「ふれあい動物園」の前にレストハウスがあって、子供向きのメニューがたくさんありますよ。

大人も心配ないです、豚キムチ丼・さっぱり和風おろしハンバーグ・牛すじぼっかけ丼・豚バラ肉うどん ・黒はんぺんフライなどあります。

また50周年企画のドラゴンボール関係で、「いでよドラゴンボールチキンライス」 「スーパーサイヤ人ソーダ」といったメニューまで。

またレストハウスの前には、軽食の露店が一件でていました。

椅子テーブルも数組あって、そこでお弁当をというファミリーも。

遊園地・遊具

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)の遊園地

遊園地には「アニマルカルーセル」や「どうぶつさんと水遊び」があり一回300円。

他に小型の乗り物がたくさんありますよ。

日本平動物園の名物は全長390mの「ローラースライダー」 迫力満点でビート板で一気に滑り降りる。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)ふしぎな森の城

◆山頂にある「ふしぎな森の城」

遊園地の奥に、「ふしぎな森の城」があり、一階では生き物たちの秘密や自然の不思議が 隠れていて 生き物のように森の中を巡ることができる。

2階は 飼育員さんの仕事を覗き見たり飼育員さんの仕事を体験することができます。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)山頂へあがれるオートチェア

◆山頂へあがれるオートチェア

山頂へあがれるオートチェアは大人100円子供50円。

「夜の動物園」

毎年行われている「夜の動物園」は2019年は9月7日(土)、14日(土)、28日(土)、10月5日(土)に開催されていました。

夜の動物園は17時30分から開園、16時30分に一度閉園後、17時30分から再開園。

夜の動物園に入園の際には、改めて入園料が必要。

駐車場料金

約1,000台もとめらっれる広い駐車場は、四か所に分かれて点在します。

  • 普通車620円
  • バス1,570円

この日は正門に近い第一駐車場のみで、次に近いのが東門の前にある第三駐車場です。

各種イベントが開催されている

毎日行われているイベント(参加無料)に加え、12月にはオランウータンやレッサーパンダにケーキをプレゼントしたりするイベントも。

詳しくは「日本平動物園のHP」からイベント情報を確認してみてくださいね。

おわりに

2019年は開園50周年記念イベントがあり、11月2日から2020年1月5日まで。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)50周年記念イベントドラゴンボールとのコラボ

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)50周年記念イベントの記念バッチなど

参加費300円、クイズに答えて記念バッチと、カードがもらえるよ。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)坂道の多い園内

坂道が多いので子供は楽しそう、大人はちょっと大変。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)子供用の専用トイレ

子供用の専用トイレもあるし、授乳室、おむつ替えシートが随所にありますよ。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)お土産店でレッサーパンダのぬいぐるみ

お土産店では特にレッサーパンダのぬいぐるみ、気になります。

静岡市立日本平動物園(静岡県静岡市)の入り口バス停のフラミンゴのオブジェ

入り口バス停にあるフラミンゴのオブジェ、なんとなくハート型?

愛くるしい動物たちをたくさん見て、無心になってスッキリしました。

一日ゆっくりと楽しみたい日本平動物園でした。

2019年12月5日(木)訪問記録。

さらに詳しくは「日本平動物園のHP」からイベント情報などを確認してね。

静岡県静岡市駿河区池田6−6 静岡市立日本平動物園




スポンサーリンク