スポンサーリンク



バンライフはじめます。

先日、60歳の誕生日を迎えたゴロマルです。

還暦ですね。

還暦にあたって、VANLIFE始めます。

「何言ってんの!また変なことはじめるのお?!」と娘夫婦に叱られそうです。

スポンサーリンク

60歳の還暦夫婦が始めるVANLIFEの抱負を語ります。

このページは、旅情報はありません。

スミマセン。

先日の誕生日に、妻とささやかながら還暦のお祝い会をいたしました。

ちょっと奮発してお刺身の盛り合わせとエビスビールを買ってきて夫婦2人でお祝いです。

還暦祝いの刺身船盛

 

スポンサーリンク

人生後半のライフスタイルを考えちゃうねえ

今までの人生、これからの人生を考えました。

この歳になって、思うに、それは、今日という1日の連続だったかな、ということです。

今日一日の生き方を自分の納得した時間を過ごすように心がけています。

独立起業から自分で人生デザインをしてきた

大学を卒業して社会人となり、いくつかの職業をこなしてから、40歳で脱サラしました。

使われる側から、使う側に代わった時、社会の見方が180度変化した感覚をおぼえています。

それからは、自分の人生のデザイン、ライフスタイルと言うものが、わりと自由な発想で生きてきたと思います。

しかし、自由の代償として、経済的なリスクや、困難を背負って生きることにもなりました。

妻にも大変苦しい思いもさせてきてしまったと反省する点が多々あります。

人生後半戦は、もっともっと自由なライフスタイルで

これからの人生後半戦は、もっともっと自由なライフスタイルで生きていこう思っています。

あまりモノにはこだわらないで、必要最小限のモノを愛着を持って利用するライフスタイルが心地よくなってきました。

断捨離とかミニマリストと言う言葉が、最近流行っていますが、それに近いものがあります。

物質に束縛されるのではなく、苦労をかけた妻と2人で、充実した時間を過ごすことに価値を見いだしたいと思っています。

脱サラ以前の生活はこんなんでしたね

若い頃には生活することで精一杯だったような気がします。

3人の子供の子育てで、精一杯な、ガツガツの時間を過ごしていたように思います。

子供が小さかったころは、わたしも長時間労働のサラリーマンでした。

朝起きると、出勤するの「いやだな~~~!」と思いつつ、頑張って仕事に向かっていたように思います。

夫婦共働きでしたので、子供を保育園に預けて、夜中に帰宅するする私は、子供の寝顔しか見ることができませんでした。

長女が赤ちゃんだったころは、たまの日曜日に私が在宅していると、人見知りをして、私に抱っこされない時期もありました。

悲しいですね。

もちろん仕事や子育て、それぞれに一生懸命頑張って、充実していた時間だったと思います。

独立起業は全ては自己責任・・・鍛えられたね!

40代の脱サラからは、だいぶ他の人とは、違った生活サイクルを送ってきました。

独立起業してからは、なんでも自分で決めて、自分で実行しなければいけません。

大きなリスクを背負っての経済活動です。

そんな時間を20年続けて、だいぶ鍛えられたと思います。

自分で決めたことは、自分で実行すれば、実現していくということも体験してきました。

社会の常識というものに勝手に自分で洗脳してるような

社会の常識は、あまり関係ありません。

経済的な苦労は、たくさんありましたが、時間は自分でコントロールできました。

これからは、ますます自分たちの時間と言うものを大切にしたいと言う感覚が増してきています。

好きなことを、好きな時間に、好きな場所で過ごせれば、いいと誰しも思うと思います。

「世の中そんなに甘くはないよ!」と思うでしょ?

しかし、その反面、「世の中そんなに甘くはないよ!」と言う声も聞こえてきそうです。

60年生きてきて思うんですが、「世の中、案外、甘いものだよ」とも思います。

それは、メンタルの違いかなという気がします。

時間的な束縛や、経済的な束縛は、もちろんあります。

しかし、それは、考え方ひとつで、案外、自由になれるものです。

「世間」と言う言葉に皆さん、勝手に自分自身で縛られているような気もします。

「世間」というものは、本当は、存在してないんですね。

社会的な自己洗脳といったところでしょうか。

時間や物や世間と言うものに縛られているという思い込みです。

しっかりとした哲学的な自己主張があるわけではありませんが、60歳の還暦を機に、ますますそんなことを感じています。

3人の子供を育て、起業をして

3人の子供を育てて大人にしました。

独立起業をして、経済活動を行い、それなりに社会にも貢献したかと思います。

脱サラしてから、ビジネスを立ち上げ、商売人としての期間も相当長く過ごしました。

これからは、年金にもあまり頼れないので、私自身のビジネス生活は続きます。

その中で、ライフスタイルとしては非常に自由な時間を過ごす基盤ができてきたと思います。

それも今までの60年の人生の中で築いてきた成果であると自分では思っています。

でも出来ないという思い込み

自由な生活?

だれでもできると思いますが、でも、できないというのが一般的な考え方です。

社会の常識と言う壁を突破する考え方ができれば誰にでもできると思います。

頭の中でこねくり回すのではなく行動するということがすごく大切だと感じています。

スポンサーリンク

夫婦でドライブ旅をするのが趣味

これからのライフスタイルを考える上で、私が、今、選択している事の一つに、夫婦でVANLIFEを楽しむと言うことです。

夫婦でドライブ旅をするのが趣味です。

このサイトもそういった情報をたくさん、発信してきました。

15年落ち15万キロ中古のVAN購入→大改造するぞ!

バンライフはじめます。

60歳を機に中古のVANを購入いたしました。

日産バネットのVANです。

マツダのボンゴのOEM車です。

最初、日本でVANLIFEといえば、ハイエースでしょ!

ということでハイエース探してたんですが、

夫婦旅で有名なユーチューバーのわたなべ夫婦さんがボンゴを改造しているブログ記事を読んだので、ボンゴで探してみたら、なぜかバネットに出会いました。

ちなみにわたなべ夫婦さんのボンゴ改造記事はこちらです。

たくさん情報発信をされていて助かりました。ありがとうございます。

【車中泊DIY】中古バンを車中泊仕様に改造!全部ご紹介します♪

 

私の購入した日産バネットは、15年落ちで150,000キロも走っている中古車です。

古い車なので、バンバンに改造しても気になりません。

日産バネットバンを改造するぞ!

これを改造しつつ、VANLIFEを夫婦で実践していきたいと考えています。

車をDIYでバンコン、キャンピングカー仕様に作り替えていく予定です。

日産バネット改造してバンライフ

木工やDIYをすることが、大好きなので、これから、この中古車をいじり回すのが楽しみです。

体力の衰え→健康管理→筋トレ、断食など

体力的には、もちろん衰えはあります。

しかし、そこを乗り越えるための健康管理や運動などもしっかりやるようにしています。

最近はファスティング断食なども取り入れて体重を落としたり、鉄アレイで筋トレなども実践しています。

還暦でも筋トレで健康管理

それに加えてこれからは、この古いVANを改造する作業も入るので、わりと体をつかっていくと思います。

健康管理にも非常に良いのではないかと考えています。

VANLIFE、車中泊、DIY、観光情報をどんどん発信します。

夫婦でのVANLIFEや車中泊、ドライブ旅で、いろいろな所への観光旅行など楽しんでいきたいと思います。

こういうことは、あの世に行ってからではできないので、どんどん楽しんで実践していきたいと思います。

このコーナーでは、中古で買った古いVANを改造していく様子や、これからのVANLIFEでの実践記録、ドライブ旅での観光情報など、記録していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ゴロマルでした。




スポンサーリンク