スポンサーリンク



太江寺(三重県伊勢市)のあじさい100年株

◆太江寺の100年になるあじさいの大株

6月はあじさい・4月は桜・5月は藤の花が咲き誇る花の寺「太江寺」。

日の出の名所として有名な夫婦岩のある三重県二見浦に、ごく近いお寺です。

見頃は6月中旬から7月上旬で、6月25日に観に行ってきました!

ご住職の先々代が、日本であじさいが広まり始めた最初の頃に植えたもので、100年ほど前から咲き続けています

太江寺はペットの供養塔があることでも知名度あり。

  • 太江寺のあじさい
  • 桜・藤の花の時期
  • 駐車場
  • 料金

拝観のおり、お手入れなどをされているお坊さんから詳しいお話を伺えました。

 

スポンサーリンク

太江寺の境内とあじさい

真言宗潮音山太江寺、参道入り口(三重県伊勢市)

太江寺の参道入り口。

この道の左右に民家があります。

そしてその向こうに上り坂が見えています。

真言宗潮音山太江寺、境内と周辺案内図(三重県伊勢市)

◆境内と周辺の案内

真言宗潮音山太江寺(三重県伊勢市)参道とあじさい

参道は上り坂ですが、歩きやすくスロープと階段になっています。

右手に赤紫のあじさいが見えています。

さすがに大きな株のようです。

このスロープのあとは、階段だけになっています。

真言宗潮音山太江寺(三重県伊勢市)仁王門と大株のあじさい

◆仁王門とあじさい

階段をあがると仁王門が見えてきて、その左右に大きくて背も高い巨大なあじさいの株。

存在感がハンパでないです。

周囲は5人くらいで手を広げたくらいあるかな。

仁王門をくぐり、境内のあじさいを拝見させてもらいます。

 

スポンサーリンク

太江寺の境内あじさい、大きな株ばかり

太江寺(三重県伊勢市)のあじさい100年ほど経過したもの

太江寺のあじさいは、どれも株が大きく多くは100年ほど前に植えられたものです。

主にガクアジサイが多く、静かなお寺の景観を引き立てるように咲いています。

太江寺(三重県伊勢市)のあじさいピークを過ぎたころ

日当たりのよいところにあるあじさいは、色も鮮やかで白っぽいものが多かったような。

太江寺(三重県伊勢市)のあじさい鮮やかな紫

◆太江寺の一番紫の濃いあじさい

この紫の濃いあじさいの株が一番大きく、山門をはいってじきに見えてきます。

どっしりと大きい半径に、背丈も大人の背以上にあります。

「ほとんど自然のまま」ということで、「肥料や剪定もしていない」とのこと。

長い年月を、太江寺の参拝者を迎えて楽しませてくれています。

音無山の山麓という位置にあるので、境内は日陰も多く木立に囲まれています。

ガクアジサイの次にタマアジサイが多いとのこと。

株数ははっきりわかりませんが、山門までの上り坂と境内のあちらこちらにあります。

太江寺(三重県伊勢市)のあじさいと石灯ろう

◆太江寺山門にかかるところのガクアジサイ

お話を伺ったお坊様が剪定をしたガクアジサイ。

山門にかかる左右の巨大なあじさいだけは、お坊様が剪定なさったそうです。

太江寺(三重県伊勢市)で説明をしてくださるお坊さん、藤棚の下で

◆藤棚の下で花の見頃など説明してくださるお坊様

太江寺でお手伝いをされているお坊様にお話を伺うことができました。

花の鮮やかさや華やかな景色は、ここ太江寺にはありません

観光目的でなく、静かで自然のままの景色とあじさいを楽しむのに最適です。

またこんな穏やかな場所で、古株のあじさいを観ることはそうそうないでしょう。

 

太江寺の藤と桜も見事

太江寺はあじさいを観に来る観光客は多く内容で、力を入れているのは藤のようです。

藤棚は本堂近くのユースホステルの入り口に。

太江寺(三重県伊勢市)の大きな藤棚のところで説明されるお坊様

◆太江寺の大きな藤棚の元で

太い巨木が藤棚となって二見浦を見下ろす位置にあります。

4月末から5月の連休中には、お坊様が裏山の竹の子を掘ってきて、ご住職のお母さまがたけのこご飯をふるまうとのこと(1,000円)。

長く垂れ下がる紫の藤を観に、太江寺を訪れる人が多いそうです。

藤棚の景色はそれは見事だそうですよ。

また境内及び付近の桜の満開の頃も、訪問者が多く、二見浦を見下ろすこの位置からの景観が、ことのほか素晴らしいそうです!

太江寺(三重県伊勢市)の白く咲くあじさい藤棚付近

◆太江寺の白く咲くあじさい藤棚付近

今は青々と葉を茂らせている藤、近くにあるあじさいは白く立派なものがありました。

4月の桜、5月の藤、6月のあじさいと、花の見頃が続く太江寺。

海をバックに、桜と藤を鑑賞できる素晴らしい立地です。

 

スポンサーリンク

「ペット寺」としても知られる太江寺

「ペット寺」として有名な太江寺、三重県伊勢市、ペットのお墓

ご住職が30年ほど前から始められた、ペットの供養。

三重県では初めてされたそうです。

ペットの健康長寿の祈願や供養を行うことでつとに有名に。

足腰が弱くなった人の祈願も多いそうで、この日ご住職がちょうど御祈祷中でした。

お坊様によると、「行きはなんとか来られた人が、帰りはスタスタ帰って行かれる」と。

健康を祈願する人からも信頼の厚いお寺だといいます。

お寺の予備知識として↓

音無山の東の山麓にある太江寺は、行基が創建した真言宗の古刹。

この地は、弘法大師(空海)が白黒二匹の”犬”に導かれ、高野山にたどり着いた逸話でも知られる。

弘法大師はこの地から何度も高野山に赴いております。

興玉神の”かえる”、猿田彦命の”さる”、経典を守る”猫”など、動物との縁も深く、近頃ではペットの健康長寿の祈願や供養も行う「ペット寺」としても 知られるようになりました。

(太江寺のホームページより)

太江寺の駐車場・アクセス

太江寺の駐車場(三重県伊勢町)

◆太江寺の駐車場5台分

太江寺の駐車場は二か所あって、一般の駐車場の奥に5台分(無料)。

太江寺の駐車場、コミュニティセンターの駐車場も(三重県伊勢町)

◆太江寺そばのコミュニティセンター

すぐそばのコミュニティセンターの駐車場にも、無料でとめられます。

 

アクセス方法

<公共交通機関でのアクセス>

JR・近鉄伊勢市駅・近鉄宇治山田駅から二見・鳥羽方面行きバス22分「夫婦岩東口」下車、徒歩約5分

<車でのアクセス>

伊勢二見鳥羽ライン・二見インターから約5分

 

入場料は無料です。

「夫婦岩」のおすぐそばなので、お寺の「ユースホステル」に連泊しての外国人観光客も多いそうです。

リーズナブルな旅の拠点にもなる太江寺、観光にもお花見にも。

桜と藤の見頃、咲き具合については、電話で教えてくださるそうです。
created by Rinker
帝塚山ハウンドカム
¥2,959 (2019/09/24 03:00:52時点 Amazon調べ-詳細)

三重県伊勢市二見町江1659 太江寺




スポンサーリンク