スポンサーリンク



和合温泉湯楽の食事処「えびす」のネギトロしらす丼

日進市にある「和合温泉湯楽」の食事処「えびす」は、掘りごたつ席が多い。

お風呂あがりにゆったりくつろげ、隣にキッズコーナーがあり、ファミリーにはうれしい所です。

食事処「えびす」は、休日には夕方の4時5時の時間帯なのに、利用の人が多かったですよ。

和合温泉の食事のメニューをみてきたので、報告しますね!

今回はお店自慢の市場直送の鮮魚を。

 

スポンサーリンク

和合温泉「湯楽」の食事処「えびす」で食事

和合温泉湯楽の食事処「えびす」のネギトロしらす丼

食べてきたのは、ネギトロしらす丼 820円

あぶらののったトロトロのネギトロに、白くて柔らかいしらすがたっぷり。

ネギも多くて、ワサビがこんもりとつけてあります。

メニューにはもっとこんもりしていたので、見た目はちょっと残念かな。

ワサビがよく効いて、磯の香りと柔らかさが口で広がり美味しい!

ご飯がもう少しかためだとさらによかった。

赤だしは、だしがうすめのよう。

そして、

和合温泉湯楽の食事処「えびす」のコロオロシそば570円

コロオロシそば570円

そばは手打ちではないですが、濃い色でそばらしい香りがして、歯ごたえあり。

たっぷりの刻みのりと、ほうれん草おひたし、わかめ、大根の目が添えてあり、見栄えも栄養的にもいい感じ。

大根おろしは、水分をしっかり絞ってありべたつきなし。

春の大根は辛いはず(5月)だけど、まったく辛くなく食べやすい。

つけ汁はやや薄いと感じました。

 

スポンサーリンク

和合温泉湯楽の食事処「えびす」のメニュー

温泉の後の食事はおいしいので、いつも選ぶのに時間がかかってしまいますね。

今度は何をたべようかな?

食事処「えびす」では、「マグロとハマチを中心とした市場直送の鮮魚を自慢の料理人が腕をふるいます」とメニューにありますね。

和合温泉湯楽の食事処「えびす」愛知県日進市、メニュー

メニューはお刺身から、名古屋名物の味噌カツ、鉄板ナポリタンや、

和合温泉湯楽の食事処「えびす」愛知県日進市、メニュー

お得なセットメニュー、ビールとおつまみのセット。

ミニ丼をセットできるとも。

和合温泉湯楽の食事処「えびす」愛知県日進市、メニュー

まぐろの丼ものが数々、エビフライももちろん。

ラーメン、そば、うどん、ライスにトッピングでき、定食のバリエーションが増えますね。

和合温泉湯楽の食事処「えびす」愛知県日進市、メニュー

韓国料理や、サラダもしっかりありますね。

お子様用のメニューも四種類。

お酒の種類もビール、酎ハイ、果実酒、ハイボール。

おつまみとおつまみとのセットも。

冷たいでデザートには、ソフト二種類、かき氷。

アイスティラミスケーキやキャラメルムースケーキなどの甘味も。

家族みんなが好きなものを注文でき楽しめそうですよ。

 

スポンサーリンク

「えびす」で前回注文した食事

和合温泉「湯楽」の食事処「えびす」でロースかつ定食

ちなみに前回きたときに食べたのは、ロースカツ定食と、

和合温泉「湯楽」の食事処「えびす」で海鮮丼七種盛り

海鮮丼七種盛り。

単品の麺で500円台から。

定食は900円~1200円。

 

営業時間・店内の様子

  • 食事処えびす:午前11時からラストオーダー23時
  • 甘党えびす:午前10時からラストオーダー22時

和合温泉湯楽の食事処「えびす」愛知県日進市の店内

掘りごたつ席は四人席、六人席。

窓は大きく明るく、となりのキッズコーナー(スペース)とは壁がありません。

和合温泉「湯楽」食事処そばのキッズスペース

廊下とキッズスペースにも壁がないので、子供の遊ぶ様子がよく見られ、親御さんは安心できる配置になってます。

GWの連休中ということもあり、子供の連れの家族が多かったです。

こういうところなら、子供ぐずることなく温泉にはいれそうです。

 

和合温泉湯楽は、天然温泉ではないですが、「薬草の湯」「シルキー風呂」「嬉野温泉」の再現などあり、また「岩塩を入れた炭酸泉」の露天風呂が魅力です。

アフリカの岩塩をこれでもか!と入れるチャンスには、肌にガンガンに刷り込んですべすべのお肌にも。

アメニティも充実していて、お気に入りのスーパー銭湯の一つです。

⇒「日進の和合温泉 湯楽・設備が抜群!クーポンや割引は(愛知県日進市)




スポンサーリンク