スポンサーリンク



RVパークは普通車でもいい?予約は?車で安全に旅する車中泊ファン!ドライブする車

「RVパーク」は車中泊のための車の駐車場です。

「車中泊といえばキャンピングカー」に決まっている、というのはちょっと前の話。

近年では、普通車や軽自動車でも、車中泊仕様になっている車もありますね。

また改造して、車内で寝泊まりできるようにしている人もいます。

好きな時に好きな場所に自由に行けるのが車の旅の魅力

そんな車の旅に安全をプラスしてくれるのが、「RVパーク」です。

でも、

  • 規約とか会員とかで面倒なんじゃない?
  • 普通車(または軽自動車)だけど、「RVパーク」使えるの?
  • トイレや食事が心配

というあたりを詳しくしらべてみました。

結論は、一般の普通車(軽自動車)も利用できます!!

スポンサーリンク

「RVパーク」の設備の確認

まずは「RVパーク」の設備はどんなものか確認すると、

「RVパーク」と認定されるには、下記の条件をほぼ満たしていていなければなりません。

  1. ゆったりとした駐車スペースで、一週間くらいの滞在が可能
  2. 24時間利用が可能なトイレ
  3. 100V電源が使用可能
  4. 入浴施設が近隣にあることが望ましい
  5. ゴミ処理が可能
  6. 入退場制限が緩やか 予約が必須ではないこと

(日本RV協会が認定・日本RV協会のHPより引用)

この基準に合ってRV協会から認定された駐車場が「RVパーク」です。

ほほえみの湯(上之保温泉)の下の駐車場にはRVパークがあります

◆「RVパーク上之保温泉ほほえみの湯」のRVパーク

現地には「RVパーク」の看板が掲げてあります。

24時間利用が可能なトイレあり!

予約が必須ではない!

出入りの時間もゆるやかであれば、自由度はとても高いですね。

トイレがない普通の車でも、大丈夫です。

スポンサーリンク

「RVパーク」は誰でもOK!

「RVパーク」の認定は「日本RV協会」が行っているのですが、ここは誰が泊めてもOKです。

つまり会員(日本RV協会の運営する「くるま旅」の会員)でなくても良いということ。

一般的な駐車場より広いエリアで、一週間程度の滞在も可能です。

ほとんどのRVパークでは、「入浴施設が近隣にあることが望ましい」という規約から、近くに入浴施設のあるところがほとんどです。

ちなみに上の写真の岐阜県にある「RVパーク上之保温泉ほほえみの湯」は、「上之保温泉ほほえみの湯」の駐車場の一画を利用しています。

    湯の華アイランドのRVキャンプ場(岐阜県可児市)

    ◆岐阜県の湯の華アイランドのRVパーク

    また岐阜県の湯の華アイランドのにあるRVパークは、BBQ施設が隣接し天然温泉施設の隣です。

    食事処の時間も遅いですよ。

    • 全国の道の駅
    • 日帰り温泉施設
    • オートキャンプ場
    • 湯YOUパーク

    と連携で、今後も日本各地にどんどん広がっていく予定。

    2020年1月14日時点の提携施設数は、145件!

    食事はどうする?キッチンのない車

    普通の車はキッチンの設備がないですね。

    朝はなんとかなるとしても、夕食のことが心配です。

    「RVパーク」の指定地は都心から離れたところが多く、食事できるお店やコンビニがないこともままあります。

    ゆっくり夕食をとりたい場合は、日帰り温泉施設に併設のところで午後8時、9時まで食事可能なところがおすすめです。

    道の駅にある「RVパーク」もいいのですが、食事処が夕方に閉まる場合が多く、閉店の時間は確認が必要。

    スポンサーリンク

    「RVパーク」の利用の仕方

    車でドライブ運転席の女性

    「RVパーク」は車中泊目的なら、どんな車でもOKです。

    料金や設備などは、若干違いがあります。

    あらかじめ確認しておきたいことや、一般的な利用のマナーを紹介しますね。

    「RVパーク」に予約は必要?

    だいたいの行先を決めて車を走らせるとしても、一応今日泊まる「RVパーク」の予約については確認してくださいね。

    基本予約の不要なところが多いですが、中には「前日○○時までに電話を」となっているところもあります。

    予約が必要かどうかを調べるには、

    RVパーク 認定パーク一覧」の日本RV協会のくるま旅のページで確認できます。

    たとえば、「予約は特になし」と書かれているパークでも、

    予約について

    特になし

    原則不要ですが、事前にご予約いただければスペースを確保しておくことも可能です。

    という書き方がしてあるところもあります。

    前日の昼までには、予約の有無を確認するのが安心です。

    また行楽シーズンの繁忙期は予約必要となっているところもあります。

    「RVパーク」利用料金について

    利用料は1泊一台1,000円~3,000円ほどです。

    先の「RVパーク 認定パーク一覧」から各パークを見ると、例えば、

    1泊 1,000円/1台(トレーラー含む)

    ※途中出入り可

    といった料金についての記載があるので、確かめてくださいね。

    また、チエックイン・アウトのことや

    チェックイン

    チェックアウト

    チェックイン  当日14:00~

    チェックアウト 翌日11:00

    ほかにも施設の特徴が書かれています。(アイコンの色で判別

    • ゴミ処理 OK
    • 電源あり
    • 水道あり
    • 発電機OK
    • 入浴施設あり
    • ペット OK
    • 24時間トイレ
    • ダンプステーション
    • 所在地
    • アクセス方法
    • 電話の受付時間
    • 利用可能期間
    • 利用可能な車両サイズ
    • ペット連れ可不可

    などについても詳しく書かれているので行くと決めたら、確認してみてくださいね。

    「RVパーク」の利用のマナー

    自分のスペース内なら、車外へイスとテーブルを持ち出すこともできるのはうれしい。

    ただ安全で楽しい宿泊にするために、マナーもあります。

    • 車外での調理は禁止
    • 直火はもちろん禁止(バーベキューは遠慮ください)
    • 駐車中では必ずエンジンを停止(アイドリング禁止)
    • 発電機の使用及び騒音等、周辺(宿泊客)に迷惑のかかる行為は禁止
    • ゴミ・吸い殻などのポイ捨て、不要物の置き去り禁止
    • 排水は、利用する施設ごとに可否を確認しルールに従う

    車旅の仲間が集う「RVパーク」、快適に過ごして楽しみましょうね!

    「RVパーク」は全国で現在145か所ありますが、将来的には1000カ所程度に増やす計画だそうです。

    これからますます車旅が快適になりますね。

    普通車(軽自動車)でも「くるま旅の会員」になることができるので、会員になれば利用できる範囲はぐっとひろがります。

    静岡県の天然温泉のある「道の駅川根温泉」で車中泊した体験談⇒「「道の駅川根温泉」で車中泊の体験談・大井川鉄道SLも見られる(静岡県島田市)」

    2020年1月14日最新更新

    暖暖あったか3WAYシュラフ | アルミシートが体熱を反射して中わたで保温★厳しい寒さでもポカポカ! 【掛け布団 着る寝袋 着る毛布 車中泊 車内泊 毛布 洗える アルミ 寝袋 封筒型 3シーズン 防災 アルミシート 敷きパッド シングル あったか 冬 保温 ひざ掛け 寝ぶくろ】
    created by Rinker
    ¥7,678 (2020/01/28 10:37:06時点 楽天市場調べ-詳細)



    スポンサーリンク