【東山動植物園】のあじさいの見頃/駐車場予約は/入園料(名古屋市千種区)

スポンサーリンク



東山動植物園あじさい

◆東山動植物園のあじさい

名古屋市千種区にある東山動植物園は、世界中の動物や鳥が見られる子供に人気の場所。

大人も楽しめるよう、日本庭園やお花畑などもある広大な植物園も魅力です。

ゴリラ舎のオープン、2021年4月にリニューアルオープンの「温室前館」と、見どころも増えています。

6月の中旬の平日、曇り空を心配しつつあじさいを観に行ってきました。

東山動植物園には「アジサイ園」と表記されている場所があり、植物園への道すがらにもあじさいが咲いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東山動植物園入園料・時間

スポンサーリンク

東山動植物園・入園料

東山動植物園料金表

◆東山動植物園 料金

<観覧料(入園料)>

  • 大人500円(高校生以上)
  • 中学生以下は無料
  • 市内在住の65歳以上は100円

東山動植物園迷子札

迷子札があるので、小さいお子さんは名前とかかいて付けていると安心。

東山動植物園正門はいってすぐの様子

◆東山動植物園 正門付近

正門はいってすぐの風景、モノレールもありますよ。

開園時間

開園時間:AM 9:00 ~ PM 4:50(入園はPM4:30まで)

入園の予約について

2022年5月のGWまでは予約が必要でしたが、その後は予約不要で土日祝も入れます。

(2022年5月29日確認)

スポンサーリンク

東山動植物園のあじさい園

アジサイ園

東山動植物園のあじさい園

東山動植物園の植物園の方にある「アジサイ園」名前通りかな?と期待したのですが・・・

アジサイ園は合掌造りの家のすぐ横に設けられています

時期が少し遅かったのか、花がつまれている様子もあり、やや花数が寂しいです。

そして株数もアジサイ園と称するには、やや少ないかと感じました。

東山動植物園あじさい

◆木漏れ日をあびでつやめくアジサイ

アジサイ園はこんもりとした木々におおわれるようにあり、すずやかな木漏れ日をあびていました。

湿気のある鮮やかな葉がたっぷりとあります。

奥池の周囲のあじさい風景

合掌造りの家のそばに「奥池」という池があり、その周囲にもあじさいが植えられています。

そこの株は、背丈も大きく見ごたえがあります

東山動植物園池のほとりのあじさい

◆奥池の周りのあじさい

東山動植物園池のほとりのあじさい

◆奥池を彩るあじさい

奥池の縁どりに、こんもりと咲くあじさいがひときわ映えます。

松の新緑、池の水面には雲を映し出し、庭園の落ちつきを感じられる所です。

もう少しすると、蓮の花で美しく飾られるようですね。

動物園から植物園への道にあじさい見事!

東山動植物園あじさい

◆植物園へいたる道

動物園には、ボートに乗れる大きな池があります。

そこから植物園へいたる道があり、子供動物園とバラ園を横目で見てからの続く道に、立派なあじさいが並んでいます。

丈はそんなに高くないですが、丸丸とした花付きで、道を飾っています。

東山動植物園あじさい

◆植物園へいたる道にたっぷりと

暑い日が続いたのと、ちょっと遅めだったのでしょう、ちょっと枯れてるのもあります。

あじさい

植物園に向かう歩道橋の上から。

あじさい

あじさいだけの目的なら、ちょっとがっかりするかもしれないですが、あじさいはここではわき役となりますね。

東山動植物園・あじさい見ごろの時期

あじさい見ごろの時期:6月上旬から下旬まで(中旬あたりが特に見ごろ)。

あじさいまつりやイベントはありません。

東山動植物園の駐車場・予約は

東山動植物園には駐車場が全部で10か所ほどあります。

合計1600台駐車可能で、予約はないです。

駐車料金

  • 料金:1回800円
  • 曜日に関わらず

無料駐車場

無料駐車場は二か所あります、ただしイベントのある季節などは有料に。

上田山駐車場

  • 収容台数:129台
  • 東山動物園までの距離:上池門まで徒歩10分
  • 8時45分から17時
  • 定休日:月(祝日・振替休日の場合は翌平日)/12月29日〜元日
  • 有料期間:一回800円(イベントのある春・秋の土日祝とナイトズー開催日)
  • 場所:千種区天白町大字植田植田山1275

緑橋南駐車場

  • 収容台数:37台
  • 東山動物園までの距離:上池門まで徒歩5分
  • 8時45分から17時
  • 定休日:月(祝日・振替休日の場合は翌平日)/12月29日〜元日
  • 有料期間:一回800円(イベントのある春・秋の土日祝とナイトズー開催日)
  • 場所:天白区天白町大字八事裏山170

【東山動植物園】のあじさいの見頃/駐車場予約は/入園料(名古屋市千種区)まとめ

東山動植物園のアジサイ園は、池とのコントラストがきれいで、子供たちの歓声をききながら撮影できるところがポイントでしょう。

他に見るべき動物・植物が山ほどありますから、1人で来ても家族で来ても一日楽しく過ごせます。

私たちは15年ほど前までは、よく子供たちを連れてきたものですが、久しぶりで今風に様変わりしているものも多く目新しかったです。

レストランやおみやげ店もおしゃれに変わり、「公営」の地味な雰囲気がなくなっていますね。

愛知県のあじさい名所をランキング形式で紹介しています⇒「愛知県内(名古屋市も)あじさい名所ランキング!すべていってきました!

晴れてもよし雨でもよしの紫陽花を楽しみましょう。

東山動植物園公式HP

※2022年5月29日内容更新

◆東山動植物園 所在地:名古屋市千種区東山元町3-70 下の行のワンクリックでコピーできます。

名古屋市千種区東山元町3-70



スポンサーリンク
スポンサーリンク
名古屋市
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました