熱海の常盤木羊羹店で・・・イケメン店主にドッキリ(静岡県熱海市)

スポンサーリンク



熱海市銀座町常盤木羊羹店の四代目イケメン店主さん

静岡県の熱海市のおみやげ何にしようかな?と銀座通りを歩いていたら、老舗の羊羹屋さんが目にとまりました。

お店の外に商品の見本だけでなく、四代目の店主さんのお顔写真なども紹介されています。

その違和感についお店に入ってしまいましたが、すると「いらっしゃいませ」の声とともに迎えてくれたのは超イケメンの店主さん。

和菓子屋さんに入ったはずなのに、なぜ?というバツの悪さも感じつつ、本当に羊羹屋さん???の思いはぬぐえません・・・

 

スポンサーリンク

熱海の常盤木羊羹店の鶴吉羊羹(ようかん)イケメン四代目店主さん

でも陳列されている商品は、間違いなくようかんです。

ようかん以外にもお饅頭もあります。間違いなく和菓子屋さんです。

熱海市銀座町常盤木羊羹店の店内

味見用の羊羹がすかさず人数分でてきて、食べてみると柚子(ゆず)を使用した鶴吉羊羹です。

イケメン店主さんが商品の説明をしてくださるのですが、話の中身より「どんな出自や経歴の持ち主なのか」気になってしかたがなかった私です。

こんなイケメン店主さんがいる!といううわさは、女性誌や旅番組でとりあげられているため、きっと関東方面ではすでに大人気なお店かと思います。

大正時代の初代鶴吉さんが創業されて四代目になるそうですが、数年前にお店を見たときは、お饅頭の湯気を店頭であげていて、お饅頭がメインのお店だったと覚えています。

それが四代目の鶴吉さんに代わられてからは、伝統を守りつつ新しい挑戦をしているということで、商品ラインナップも代わり、カフェも併設されています。

 

熱海の常盤木羊羹店のようかんとマカロンもなか

熱海の常盤木羊羹店で、おみやげに買ったのは「鶴吉羊羹の小夏」です。

熱海市銀座町常盤木羊羹店の鶴吉羊羹外装と紙袋

伊豆産のニューサマーオレンジを使用したさわやかな味わいの羊羹です。

平成28年に伊勢神宮外宮に奉納したお品だそうです。

紙袋はブラックでおしゃれな紙袋ですね、若い女の子も喜びそう。

包装をといてみると、ブラックの箱、アクセサリーが入っていそうな頑丈な箱。

熱海市銀座町常盤木羊羹店の鶴吉羊羹

そして金色の包みに守られている羊羹。

羊羹の実寸は、15×3.8×3センチの大きさです。(1,100円)賞味期限3か月。

単品もありますが、も少し細い羊羹の三本入りもありましたよ。

そしてマカロンそっくりの「マカロンもなか」は、小さいけどかわいい最中です。

みかん、桜、抹茶、柚子の四種類があって、これは柚子と抹茶です。

熱海市銀座町常盤木羊羹店のマカロンもなか

もなかの皮はきめ細かくてさっくりしてます。

熱海市銀座町常盤木羊羹店のマカロンもなか中身

中の餡はとろりとした、とてもしっとりした餡です。

それぞれほのかな抹茶の香りと、柚子の味が上品です。

 

伊豆山神社御用達の羊羹で強運に?

北条政子と源頼朝が逢瀬を重ねた場所として有名な、伊豆山神社の御用達の羊羹でもある「鶴吉羊羹」は、縁起物としても人気があるようです。

伊豆山神社は恋愛成就の神様、逆境を生き抜くパワーをいただける神様として、熱海観光でも有名なスポットになっていますからね。

熱海名物はまず第一に温泉ですが、温泉につかって癒されて、風光明媚な景色も素晴らしいところ。

そんな熱海に、甘い羊羹と甘いマスクの店主さんに会えるなんて、またひとつ観光スポットが増えていたんですね。

羊羹のおみやげを購入後、お名刺をいただきましたよ。

熱海市銀座町常盤木羊羹店の四代目店主さん名刺

熱海のおみやげで迷ったら、銀座通りの一番目立つところにある「常盤木羊羹店のようかん」を!!

追記:鶴吉羊羹の小夏はほんのりさわやかで甘味もあります。

夏だったので、七宝の清涼感のある銘々皿にのせていただきました。

鶴吉羊羹(静岡県熱海市)を清涼感のある七宝焼きの銘々皿でいただく

秋や冬は、和の陶器の銘々皿にも合いますね。

P_20160810_083112

緑茶、お抹茶など渋めのお茶が特によく合うと思います。ごちそうさま。

常盤木羊羹店 総本店

静岡県熱海市銀座町9-1 常盤木羊羹店

熱海は海岸がまるでモナコのよう!リゾート気分いっぱいです→「熱海の朝・ヨットハーバーと渚デッキとサンビーチで海水浴(静岡県熱海市)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy