豊国神社へ初詣2109平成31年・駐車場とアクセス・混雑時間(名古屋市中村区)

スポンサーリンク



名古屋市中村区の豊国神社参道入口にある赤い大鳥居

豊臣秀吉公出生の地、愛知県名古屋市の中村区にある「豊国神社(とよくにじんじゃ)」へは、毎年のように初詣に出掛けています。

元旦はいつもの通り参拝者で長蛇の列ができますが、毎年待ち時間は長くても40分ほどです。

2016年は申年、さる年だったので、秀吉(猿)の出世にあやかって、初詣客がどっと増えました!

豊国神社は地下鉄から近いので、市営地下鉄をおすすめします。

でも車をとめるところもあるにはあります。

名古屋市中村区の「豊国神社」の初詣の様子や、駐車場状況などをお知らせします。

 

スポンサーリンク

名古屋市中村区の「豊国神社」の初詣駐車場

この10年の間に、8回ほど豊国神社に初詣に行っています。

自家用車で行ったこともありますし、市営地下鉄を利用したこともあります。

日本一の出世男である「豊臣秀吉」をまつる神社ですから、他府県からの参拝者も多い有名神社です。

とはいえ「熱田神宮」ほどの混みようではなく、

元旦の午前中の最も混みあう時間帯でも、40分ほど待てば参拝できます。

写真は一昨年のものですが、これが元旦の午前11時くらいで、一番初詣客が多い時間帯です。

名古屋市中村区の豊国神社元旦の初詣の行列

これは境内を入ってからの初詣客の行列です。

横に5~6人で並ぶようにと整理の人の指示があります。

この状態でずっと列が続き、約40分ほどで本殿の前で参拝できます。

参拝客の列は境内からあふれ、門前の道路を向かって右方向に列が続きます。

 

鳥居左に無料駐車場あり

さて、豊国神社に初詣に行くにあたって、自家用車では行けるでしょうか。

豊国神社の入り口の鳥居の左横に、無料駐車場があります

お正月でも有料にななっていませんでした。

ただ知っている人は知っているので、とめたい車が長蛇の列をつくります。

神社へ続く幅の広い参道がありますが、長さ約500メートル。

ここは駐車するに十分の広さですが、駐車禁止になっています。

でも停めてある車はかなり多いです。

その都度見ているのですが、駐車違反の取り締まりは三が日では見たことはありません。

でも、駐車禁止なので安心は禁物です。

 

豊国神社・有料駐車場について

有料なら近くにコインパーキングがちらほらあります。

また豊国神社のすぐ横にある図書館(二階は清正記念館)の有料駐車場を利用できます(26台駐車可能)。

図書館が開館している日は、1回300円で30分以内は無料です。

お正月の三が日は図書館は休館ですが、豊国神社参拝者のために駐車できるようになっていました。

ここに停められれば300円で済みます。

 

無料駐車場は周辺にけっこうあります

無料の駐車場は他にもあります

豊国神社のすぐ北に中村公園があるのですが、そのすぐ北が「なごや競輪場」になっています。

その競輪場用に周辺にはいくつもの駐車場があるんです。

全部で10数カ所、それもそれぞれが50台くらいは停められるくらいの広い敷地で。

そこは競輪場が開会している時しか利用できないようにはなっていますが、

そのうちの門扉がない駐車場がいくつもあり、広場のようになっています。

駐車場に誰もいないのでそこに停めて「豊国神社」へ行くこともできます。

徒歩数分です。

「競輪場利用者以外駐車禁止」と看板のあるところはNGですね。

そこを利用させてもらって、3度停めたことがありますが、大丈夫でしたよ。

※ここは豊国神社の初詣には穴場の無料駐車場ですが、絶対無料で安心とは言い切れないので、実際行ってみて判断してくださいね。

 

豊国神社(名古屋市中村区)へのアクセス

豊国神社へは名古屋市営の地下鉄が便利です。

東山線の高畑行きに乗って、「中村公園」駅で降ります

豊国神社への案内は改札付近に出ていますので、それにしたがって地上にあがり、

地下鉄出口からは赤い大鳥居が見えます

名古屋市中村区の豊国神社参道入口にある赤い大鳥居

この鳥居は日本で7番目に高い、24.2メートルもあります。

デーンと威圧するようにそびえ立っているので、初めての人は驚きます。

 

地下鉄から徒歩8分で豊国神社

この鳥居をくぐれば、左右には店舗が並ぶ豊国神社への参道になっていて、元旦でも飲食店は営業しています。

参道の距離は約500メートルです。

地下鉄からは徒歩で8分ほどでつきます。

豊国神社の参拝者が一番混むのは、元旦の午前10時ごろから午後2時ごろにかけてです。

境内の入り口までに収まらず、右方向に列はつながっています。

この写真は境内に入るところにある鳥居です。

名古屋市中村区の豊国神社境内入り口の鳥居

石碑もあり、ここから境内に入りますが、ここからは待ち時間約30分ほどです。

名古屋市中村区の豊国神社入り口付近

本殿の前まで来ると、豊国秀吉様の似顔絵が飾ってあります。

名古屋市中村区の豊国神社の本殿前豊臣秀吉の似顔絵

本殿前はごく狭いので、参拝が終わればすぐに左手の社務所の方に進んでいかなくてはなりません。

 

豊国神社の初詣の混雑ぐあい

豊国神社の初詣のピークは、元旦の午前10時ごろから午後2時頃です。

お昼ごろまでは40分ほど並ぶことになります。

午後2時くらいには、境内に収まるくらいの混雑になり、待ち時間は30分から25分ほどになります。

2日の日も人出の多いのは午前10時ごろから午後2時くらいまで。

元旦より少し減ります。

3日の日は、2日とほぼおなじくらいですが、若干少なくなります。

 

出世・金運・商売繫盛の神様

豊国神社は

  • 出世
  • 金運
  • 商売繁盛

い特に後利益があります。

 

2018年平成30年は犬年!

いぬ神社も犬年の初詣はとても混みあいました。

名古屋市西区のいぬ神社の初詣の駐車場・市バス地下鉄の行き方はこちら⇒いぬ神社初詣・駐車場情報・地下鉄バス行き方2018平成30年戌年(名古屋西区)

豊国神社(名古屋市中村区)の公式HP

(よっちゃん)




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください