鎌倉の大仏(高徳院)・拝観料/歴史と見どころは?駐車場とアクセス

スポンサーリンク



高徳院 鎌倉大仏(神奈川県)

◆高徳院 鎌倉大仏

鎌倉大仏の名で親しまれている高徳院の本尊、国宝銅造阿弥陀如来坐像。

現在の金鋼仏は1252年(建長4)に鋳造が始められ、仏像としては鎌倉で唯一の国宝に指定されています。

仏像が安置されていた大仏殿は、台風や大津波のため倒壊し、室町時代の末までには今の「露坐の大仏」様になったそうです。

奈良の大仏と比較されることが多いので、まずは高さと重さを。

歴史をざっと振り返ってみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鎌倉大仏の大きさ重さ

高徳院鎌倉大仏 後ろ側

◆高徳院鎌倉大仏 後ろ側

スポンサーリンク

鎌倉大仏の大きさと重さ

鎌倉大仏の高さは11.31m(台座を含めると13.35m)、重さは約121tです。

  • 面長:2.35m
  • 眼長:1.00m
  • 眉長:1.24m
  • 口広:0.82m
  • 三長:1.90m

奈良の大仏との比較

奈良の大仏は、坐高(座高)は14.98m(蓮華座高:3.04~3.05mを含めると18.02m)、重さは約250トン

比べると、奈良の大仏の方が大きいです。

スポンサーリンク

鎌倉大仏高徳院・時間料金

高徳院鎌倉大仏 入場券

拝観時間

  • 4月〜9月:午前8時〜午後5時30分(入場受付は終了15分前に締切り)
  • 御朱印受付時間(寺務所):午前9時〜午後3時30分 (平日)午前9時〜午後3時 (土日祝日)

※拝観時間は2022年7月3日現在の時点です。

拝観料

  • 一般(中学生以上):300円
  • 小学生:150円
  • 幼児(未就学児)の拝観料は無料
  • 大仏胎内の拝観料:胎内拝観は休止中

鎌倉大仏の歴史と見どころ

鎌倉大仏の歴史

高徳院鎌倉大仏(国宝)

◆高徳院鎌倉大仏

大仏様の造立が開始されたのは1252( 建長四) 年。

制作には僧浄光が勧進した浄財が当てられたとも伝えられている。

未だ尊像の原型作者すら特定されず、不明な点が多い。

国宝鎌倉大仏の因由

◆国宝鎌倉大仏の因由

当初尊像を収めていた堂宇については、『太平記』と『鎌倉大日記』に1334( 建武元) 年および1369( 応安二) 年の大風と1498( 明応七) 年の大地震によって損壊に至ったと記録される。

江戸中期、浅草の商人野島新左衛門( 泰祐) の喜捨を得た祐(増上寺第36 世法主を拝命した高僧)・養国の手で復興をみた。(鎌倉大仏の略歴)

鎌倉大仏の見どころ

◆高徳院鎌倉大仏の境内案内図(ホームページより)

◆高徳院鎌倉大仏の境内案内図(ホームページより)

鎌倉大仏とともに、

  • 祐天上人の御字が彫られた石碑
  • 与謝野晶子の歌碑
  • 金子薫園の歌碑など

高徳院鎌倉大仏境内にある与謝野晶子の歌碑

◆境内にある与謝野晶子の歌碑

高徳院境内に数々の石碑を見ることができます。

鎌倉大仏の所要時間

高徳院鎌倉大仏

大仏様だけを見るなら10分ほどですんでしまいます。

高徳院の境内はあまり広くないので、休憩所、御朱印、お守りを授かるなどであと30~40分というところです。

ペット連れの拝観は?

高徳院 鎌 倉大仏 ペットをつれての拝観お断り

◆ペット連れの拝観はお断り

ペットを連れての拝観はできません。

駐車場とアクセス方法

駐車場

障害者用駐車場のみ1台分あり(事前予約制)。

周辺に無料駐車場はないので、ほかの車は近隣の一般駐車場を利用。

一番近い「大仏前駐車場」・料金

高徳院鎌倉大仏に最も近い「大仏前駐車場」

◆高徳院鎌倉大仏に最も近い「大仏前駐車場」

最も近い「大仏前駐車場」の料金を紹介しますので、参考にしてください。

「大仏前駐車場」収容台数、普通車(10台)大型車(2台)。

  • 大型料金:30分1,500円
  • 普通車料金:30分400円
  • 利用時間:8時から17時
  • ※降車1回あたり30分以内
  • 所在地:鎌倉市長谷4丁目548番4

※観光シーズンは大変混雑するため普通車の駐車は断られる場合があるとのこと。

アクセス方法

<江ノ島電鉄(江ノ電)利用>

●鎌倉経由の場合

JR横須賀線鎌倉駅で下車。江ノ島電鉄(藤沢方面行き)に乗り換え、長谷駅で下車。徒歩約7分。

●藤沢駅経由の場合

JR東海道線または小田急線藤沢駅で下車。江ノ島電鉄(鎌倉方面行き)に乗り換え、長谷駅で下車。徒歩約7分。

<鎌倉駅からバス利用>

鎌倉駅東口バス乗り場1番から江ノ島電鉄バス、もしくはバス乗り場6番から京浜急行バスに乗り、「大仏前」停留所下車すぐ

鎌倉の大仏(高徳院)・拝観料/駐車場とアクセス/歴史と見どころは?まとめ

奈良の大仏よりは小さいとはいえ、立派で大きな国宝の大仏様を拝むことができました。

現在大仏胎内を拝観することができず残念です。

付近の道路は狭く、駐車場が少ないだけでなく駐車場の収容台数も少ないので、観光シーズンは車だと身動きしにくいです。

鎌倉の駐車場はたいてい狭いので、車で観光名所を巡るのはかなり大変です。

江ノ電沿線や鎌倉市内の観光に、「パークアンドライド」を利用して観光してきました。

とてもお得ですよ。

◆「パークアンドライド」の料金や駐車場のことなど体験談⇒「パークアンドライド鎌倉とは・メリットと駐車場/料金・使い方

◆奈良の大仏も大きかった!拝観したときの記事⇒「奈良といえば奈良公園の鹿・大仏様の大きさ!拝観料/近くの駐車場の相場(動画あり)

高徳院HP

※2022年6月18日訪問

鎌倉大仏高徳院 所在地:神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号 下の行のワンクリックでコピーできます。

 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号

 

 




スポンサーリンク
スポンサーリンク
神奈川県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました