「トヨタ博物館」(愛知県長久手市)のイベント「走行披露」見てきました

スポンサーリンク



「トヨタ博物館」では人出の多い日曜や祝日などに、イベントを開催しています。

この日は日曜日で、ちょうど「走行披露」のイベントがありました

場所は第一駐車場、走行を見るだけでなく、走行車のボディやエンジン、重量や特徴など詳しい説明がありました。

 

「トヨタ博物館」のイベント第一駐車場にて

このイベントを知らなかったのですが、何やら人だかりができているのを発見して屋外にでました。

館内でアナウンスがありましたが、聞き取りにくかったので、何時からどこでというのが分からなかったので・・・

事前にイベント情報が公開されているので、それを確認して皆さん来ているのかな。

今日走りが見られるのは、以下の三台、「1918年アメリカ フランクリンシリーズ9」「1955日本 フライングフェザー」そして「1960年アメリカ シボレーコルベア」です。

「トヨタ博物館」のイベント第一駐車場にて

名前だけ聞いてわかるわけもない私ですが、走行会場にはたくさんの人だかりです。

古い車ですが、ちゃんと走っているではありませんか。走っている様子は動画におさめておきました。

 

スポンサーリンク

解説も詳しく丁寧

三台が全部走った後で、スタッフさんが走行車の詳しい解説をしてくださいました。

走行車三台の詳しい説明をする方

皆さんすごく熱心に聞き入っています。

P_20151101_111958

そのあとですぐそばで見学させてもらうことができました。

1917年のアメリカ製フランクリン、空冷の6気筒エンジン搭載の車で、ハンドルやホイールが木製なのです。早稲田大学で保管されていたものを、譲り受けて整備をしたそうです。

フランクリンアメリカ1917年

大人気のアメリカ製フランクリン

アメリカ製フランクリン

空冷の6気筒エンジン

アメリカ製フランクリンの6気筒エンジン

ね、木製でしょ。すごい。これで走ってました。

アメリカ製フランクリンの木製ホイール

それから、日本製の「フライングフェザー1955年」、排気量350CCの超軽量の車ですが、当時はまだ受け入れられず、200台余りの生産で終了してしまったといいます。

今でこそ小型化ですが、1955年にこんなに小さい車もあったのですね。

P_20151101_112128

フライングフェザー日本製1955年

フライングフェザー日本製1955年はリアエンジンで、超軽量

フライングフェザー日本製1955年リアエンジン

マニアの方たちがじっと見ていました。

そしてもう一台、本日走行した車が、アメリカ製で1960年のシボレーコルベアです。アメリカ製1960年シボレーコルベア

革新的な設計と多彩なラインアップで人気を博したそうですが、初期モデルの安全性が指摘されて9年間の製造にとどまりました。

この問題を契機に消費者運動の機運が高まり、アメリカでは安全性や環境保護の法律規制につながったそうです。

細部まで見学させてもらうことができました。

アメリカ製1960年シボレーコルベア

「トヨタ博物館」ではこうした珍しい車の「走行披露のイベント」だけでなく、様々ないイベントが開催されています。

あらかじめ調べて、イベントに合わせて見学するのが一番いいですね。⇒「トヨタ博物館の企画展・イベント情報」を確認してみてください。

「トヨタ博物館」のアクセスや駐車場については、こちらにまとめました。⇒トヨタ博物館へのアクセス・駐車場・入場料・休館日

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy