スポンサーリンク



小原四季桜まつり(愛知県豊田市)家康の腰かけ石に座ってみる

桜と紅葉を同時に楽しもう!と歩き始めた「小原四季桜まつり」のハイキングコース。

11月12日晴天で、くっきりの青空。

坂道もあり、汗ばむほどです。

四季桜はまだ2~3分の咲き始めで、ちょっと物足りなさを感じつつ歩きました。

紅葉はもう真っ盛りで、むしろそちらに目を奪われてしまいました。。。

実際歩いたコースの名所を紹介します。

所要時間は、2時間から3時間。

スポンサーリンク

「小原四季桜まつり」で四季の回廊歩き

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)「四季の回廊二コース」

◆四季桜ウォーキングマップのおすすめコース案内

市場城址を出発点としてのコースは、車でも徒歩でもいけます。

車なら数分置きに名所にたどり着きますが、徒歩は2時間半ほどかかります。

スポンサーリンク

2019年11月12日にお伺いした時の動画です。

「四季の回廊」2コース

「四季の回廊」と名付けられたハイキングコースは2種類あり、これは徒歩でのおすすめコース。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)「四季の回廊2コース」地図

◆「四季の回廊2コース」地図

上の地図のピンク色の道を、四季桜を見ながら歩きます。

基本コースとハーフコースが紹介されています。

  • 基本コース(9.6キロ)徒歩で約4時間
  • ハーフコース(5.5キロ)徒歩で約2時間

実際マップを手にしてからでも、迷うことなく歩ける道のりですよ。

四季の回廊ハーフコースを歩く

地図をもらったまつりのメイン会場「小原ふれあい公園」から出発しました。

その前に「小原ふれあい公園」から徒歩2分にある「家康の腰かけ石」を見学してからにしました。

家康の腰かけ石

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)家康の腰かけ石のある神社へ

車をとめた「小原ふれあい公園」から四季桜を見ながら降りていくと、ほどなく賀茂原神社があり、

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)家康の腰かけ石案内板

パワースポットとして名高い「家康の腰掛石」が境内にあります。

今から400年ほど前、徳川家康公が小原一円の様子を視察に来た時に座ったと伝えられている石。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)家康の腰かけ石に座ってみる

石の大きさは約150キロほど。

お詣り後に座ってみて、運気向上(立身出世)を祈ってみます。

さて、四季の回廊コースを歩きます!

最初の名所「泥ぶち観音」

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、泥ぶち観音

なんと泥をぶつけることで願いが叶うという言い伝えのある珍しい観音様。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、泥ぶち観音様

◆四季の回廊ウォーキング、泥ぶち観音

ほこらの中をのぞくと、壁にも屋根にも観音様にも、どこもかしこも泥のあと。

初めての光景にびっくりです。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、泥ぶち観音からの道紅葉

◆四季の回廊、西運寺への道紅葉

泥ぶち観音から西運寺へ向かう道は、紅葉がきれいです。

西運寺

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、西運寺入り口に掲げられた看板

◆西運寺入り口に掲げられた看板(掟)

西運寺にさしかかると、掟が書かれています。

読むと笑ってしまいました、「寄っていきなさい」「茶屋で餅を食べなさい」と。

ただし土日祝のみです。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、西運寺付近の紅葉

西運寺付近の道の紅葉が素敵でした。

「小原の四季桜」愛知県豊田市、2019年11月12日現在2~3分咲き

四季桜は2~3分咲きなので、かすんでいる感じ。あと1週間ほど先が見ごろに。

市場城址

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、市場城址、茶屋

◆市場城址、茶屋

次の見どころは「市場城址」本丸跡、曲輪の石垣、桝形門などが見られます。

標高380mの山頂にある室町時代の山城跡。

遊歩道もありますが、坂道を上り30分ほどの散策路がプラスされるので寄りませんでした。

茶屋が道沿いにあるものの、土日の営業のようです。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、市場城址、駐車場10台分

◆市場城址、駐車場10台分

市場城址の無料駐車場10台分あり。

ウォーキングコースの四季の回廊は、道なりの要所要所に「四季桜まつり」のぼりが立っているのでわかりやすいです。

市場町付近の四季桜

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、市場町付近の四季桜2019年11月12日

◆小原四季桜まつり・市場町付近の四季桜

途中、廣園寺、市場三十三観音を通り過ごし、市場町へ。

四季桜を見るためにやってきたので、探しつつ、やはり咲き始めでまだ見ごたえ的にはちょっと寂しい。

四季桜の名所・緑の公園小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、緑の公園

緑の公園も四季桜の名所です。

約200本の四季桜が咲きます。

アプローチの坂道にたくさん植わっているのですが、やはり2~3分咲きです。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、緑の公園の四季桜と紅葉

山肌にそって咲く四季桜、手前の樹木の紅葉。遠景はとてもきれいです。

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、緑の公園は散策の拠点

「緑の公園」には、四季の回廊の散策案内図があり、ここを拠点にするのもよいところ。

駐車場は120台分無料。

名所・和紙のふるさと

小原四季桜まつり(愛知県豊田市)四季の回廊ウォーキング、和紙のふるさと

四季の回廊ウォーキングの最後に訪れた「和紙のふるさと」。

ここは休憩所、和紙展示館、和紙工芸館、食事処があります。

「小原四季桜まつり」(愛知県豊田市)の和紙のふるさと、和紙工芸館と紅葉

◆和紙のふるさと、和紙工芸館と紅葉

四季桜が咲きそろうのを待つかのように、赤くそまったもみじ。

「小原四季桜まつり」(愛知県豊田市)の和紙のふるさと、和紙工芸館の店内

和紙工芸館を入ると、所せましと美しい和紙のオンパレード。

「小原四季桜まつり」(愛知県豊田市)の和紙のふるさと、和紙工芸館ですき作業をする方たち

施設の奥には広い和紙すき工房があり、体験できるようになっています。

和紙すき体験は通年行われていて、体験時間約1時間のものと3時間に分かれています。

1000円から1500円 程度で、うちわや絵付きうちわ、壁掛けを作製できます。

このあと「和紙のふるさと」にある食事処「紙の花」でランチとしました。

「いのししそば」を初めて食べてみました⇒「「小原四季桜まつり」でランチ(食事)・屋台や飲食店情報(愛知豊田市)」

これで四季桜と紅葉を見ながらの散策「四季の回廊」はおしまい。

もう少し四季桜が咲いていたらよかったな、と思いつつも、約3時間におよぶ散策は、軽く汗ばむ心地よさでした!

最高の眺めという「川見四季桜の里」まで上がっていければ、きっと最高でしょう。

体力がある人は、ぜひ足をのばしてみてね。

2019年11月12日(火)に行った最新の見ごろ情報です⇒「【小原四季桜】2019最新状況/紅葉/見ごろとおすすめスポット(豊田市小原地区)」

ランチ(食事)は和紙のふるさとで食べましたが他にもありますよ⇒「「小原四季桜まつり」でランチ(食事)・屋台や飲食店情報(愛知豊田市)」

四季桜の散策は緑の公園からも歩きやすいので、緑の公園の場所を。

愛知県豊田市市場町陣出879 緑の公園(小原トレーニングセンター)




スポンサーリンク