三河のあじさい寺/本光寺・2021まつりの期間/まるで大海原!(愛知県幸田町)

本光寺案内版

あじさい寺の本光寺(幸田町)は、参道をあがってお寺の門をくぐると、一面といっていいほどあじさいがあたりを埋め尽くしています

「三河のあじさい寺」として有名な本光寺の「あじさいまつり」は、例年6月1日から30日。

2021年は「あじさいまつり」は中止ですが、あじさいの鑑賞はできます。

駐車場も利用可能です。

以下は以前訪問したときの、本光寺のあじさいの様子です。

↓↓↓

あじさいまつり期間中は、アジサイ饅頭と抹茶のセットや、あじさいの苗の販売などあります。

本光寺案内図

境内の案内図がすぐに目につくので、本光寺の全体像がつかめます。

周囲に目をやると、どこもかしこもあじさいだらけ。

まるで大海原にきたみたいです!!

スポンサーリンク

本光寺あじさい寺・大海原のようなあじさい広がる

あじさい

とにかくあじさいの数はすごいですよ。約一万株も!

青いあじさいが多くて、まるで大海原。

種類は百数十種類もあるそう。

あじさい

6月の中旬なので、ちょうど満開という感じでした。

あじさい

青い海の中をただ一人進んでいくという感じです

ゆっくりと散策していると、非常に穏やかな気持ちになってくるところです。

見頃

本光寺のあじさいの見頃は、6月上旬から7月上旬まで。

あじさい鑑賞の所要時間

あじさいを鑑賞するだけなら、20分ほどかと思います。

本光寺あじさい寺・松平家の廟が大切に保存されて

松平家廟

松平家の案内

見どころはあじさいだけでないです、松平家の廟が大切に保管されています

歴史を調べて見に行くと、本光寺のすごさがもっとわかるのでしょうね、勉強不足でした。

静かなたたずまいの本光寺とあじさいですが、「願掛け亀」という面白い亀が鎮座していました。

島原藩主深溝松平家の菩提寺で「三河のあじさい寺」としても知られる本光寺本光寺の紫陽花まつりは、

2021年はまつりのイベントは中止に。

でも鑑賞はでき、駐車場も利用できます。

期間中、宝物館の一般公開(入館料300円・午前10時~午後3時・月曜休み)や檀家の皆さんによる地元農産物の販売など(月曜休み)が行われていますよ。

時間は何時というわけでなく、早朝より日没までです。

◆駐車場・トイレのこと⇒「【本光寺あじさい寺】駐車場とトイレ/参道からステキが始まる!(愛知県幸田町)

◆願掛け亀のこと⇒「本光寺・あじさいの名所/境内「願掛け亀」で万年幸せを(愛知県幸田町)

本光寺あじさい寺 愛知県幸田町大字深溝字内山17

愛知県幸田町大字深溝字内山17 本光寺

2月には梅と椿がまた素晴らしい本光寺あじさい寺の詳細→幸田町観光協会HP

スポンサーリンク
愛知県三河
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました