スポンサーリンク



まるは食堂旅館うめの湯(愛知県南知多町)の外観

◆まるは食堂旅館うめの湯

「まるは食堂旅館 うめの湯」は愛知県南知多町にある天然温泉

名古屋から高速で1時間弱で行ける距離。

日帰り温泉ですが、となりの海鮮料理自慢のまるは食堂旅館で泊ることも。

塩辛い温泉でじっくりと温まれば、知多の旅がいっそう快適になります。

  • 料金
  • 時間
  • 施設の設備
  • 駐車場

先日利用したので詳しくお知らせしますね!ドライブの寄り道に。

スポンサーリンク

「まるは食堂旅館うめの湯」の料金時間

うめの湯 愛知県南知多町 玄関付近

◆うめの湯 利用料金

スポンサーリンク

入浴料金(税込)

  • 大人(中学生以上)600円
  • 小人(3歳から小学6年)400円

※タオル等は販売あります(タオル150円)

うめの湯 愛知県南知多町 券売機

入り口を入るとすぐに券売機があります。

チケットを購入して受付へ。

  • 回数券11枚綴り大人6.000円 小人4,000円

営業時間・お休み

営業時間

  • 10時から22時(最終受付21時45分)(2021年2月現在は午後8時まで)
  • 定休日なし
スポンサーリンク

うめの湯の設備

「うめの湯」は施設そのものはこじんまりとしています。

靴箱と脱衣ロッカーのカギは同じ

うめの湯 愛知県南知多町 靴箱と廊下

◆うめの湯 靴箱と廊下

フロントで靴箱のカギを受け取ります。

その番号が靴箱と、脱衣ロッカーのカギに。

うめの湯 愛知県南知多町 女湯の靴箱とのれん

◆うめの湯 女湯の靴箱とのれん

じゅたん敷きの床と廊下で、右手が女湯左手が男湯。

うめの湯 愛知県南知多町 土産物と水素水(飲料水)

◆土産物と水素水(飲料水)

間に化粧水などのお土産ものと、飲料水の水素水が。

お風呂上りにうれしい。

(脱衣場から内側には飲料水はないです)

お風呂の種類

うめの湯 愛知県南知多町 男湯のれん

◆うめの湯 男湯のれん

内湯のみ

内湯のみで、露天風呂はありません。

お風呂は、

  • 大きな温泉浴槽
  • 打たせ湯
  • 白湯
  • サウナ

温泉のお湯は茶色い濁りがあり、塩辛いです。

打たせ湯の威力は強く、2つ。

白湯はややぬるい感じでした。

浴槽からは荒磯海岸と伊勢湾の絶景が見られる、とパンフレットなどにありますが、それは男湯のみ。

女湯からは立ち上がってなら、景色が見えます。

サウナについて

女湯のサウナは2人分、男湯は4~5人分。

温度は女湯82~90度 男湯は混みあうと80度、一人のときは95度くらいとのこと。

水風呂はないので水シャワーでさましました。

ベンチや椅子なし、脱衣所までの間には飲料水はないです。

(※サウナの扉が古く下の方から空気が入ってきて、足もとが温度低かった。あぐらの姿勢でちょうどよい感じだったそう・ゴロマル言

お風呂の大きさやサウナの大きさは、男湯の方がいずれも大きく、見晴らしもよいようです。

アメニティ

ボディソープ・シャンプー・コンディショナーあり。

ドライヤーあり5台、コンセントひとつあり。

女湯は化粧水ありました。

うめの湯の泉質

うめの湯 愛知県南知多町 温泉の泉質

◆うめの湯 温泉の泉質

地下1300 mから湧き出す天然温泉。

泉質はナトリウム-塩化物強塩泉で、源泉の温度は37度。

なめるととても塩辛く、よく温まるのが特徴。

常時供給されていて、お湯の流れる音、ゆけむりが心地よいです。

2階の休憩所から絶景が

うめの湯 愛知県南知多町 二階の休憩所は広く絶景が

◆うめの湯 二階の休憩所は広く絶景が

二階にあがると、飲み物の自販機、広い休憩所になっています。

うめの湯 愛知県南知多町 二階の休憩所 畳敷きも

◆二階の休憩所 畳敷きも

座敷もあり、男性諸氏は椅子や畳でごろりとお休み中。

以前は食事処だったようです。

うめの湯 愛知県南知多町 二階の休憩所 伊勢湾の絶景が見える

◆二階の休憩所からは伊勢湾の絶景が見える

二階に上がると、窓から伊勢湾の素晴らしい景色が見渡せます

陽が落ちると全くみえないので、注意したい。

一階の休憩所

うめの湯 愛知県南知多町 一階の休憩所

◆一階の休憩所

一階の休憩所には牛乳類の自販機と大型テレビあり。

駐車場とアクセス

無料駐車場

うめの湯 愛知県南知多町 駐車場

◆うめの湯 駐車場

施設の南側にあり、無料、200台分。

アクセス方法

  • 公共交通:名鉄河和駅→海っ子バス豊浜線師崎港行きで23分、バス停:荒磯(ありそ)下車、徒歩すぐ。または送迎1日2便あり(要予約)
  • 車:南知多道路豊丘ICから国道247号経由5km10分

まるは食堂旅館 うめの湯 まとめ

南知多町のうめの湯は、2階の休憩所からの景色が素晴らしい。

天然温泉は源泉かけ流しはなけれど、濁りや風味がこれぞ温泉という感じでよくあたたまります。

地元の人は年間パスポートを利用して頻繁に温泉利用しているようで、みなさん顔なじみのよう。

でも若い観光客層も多いので、違和感なく入れます。

食事は味自慢の北どなりの「まるは食堂本店」で、コース料理から回転すしも。

まるはさんは宿泊もできるので、一日ゆっくりできるといいですね。

まるは食堂旅館からは、四季を通じて朝日と夕日を見ることができるそうです。

名物の大きなエビフライ、地元の海産物の料理の「まるは食堂旅館」で食事をしたので、その体験談は⇒「まるは食堂のメニュー・南知多の本店でランチ食事体験/予約は?(愛知県)」

食事のレシートがあると100円引きで入泉できますよ。(2021年2月現在)

知多半島の天然温泉で日帰りできる「ごんぎつねの湯」も温泉好きにおすすめ!⇒「ごんぎつねの湯・口コミ 料金時間/インター1分/熱イ!源泉かけ流し(愛知半田市)」

うめの湯 愛知県南知多町 温泉成分分析表平成28年

◆うめの湯 温泉成分分析表平成28年

平成28年2月22日の分析結果表のよると、泉質は「含ヨウ素-ナトリウム-塩化物強塩泉」となっており、源泉の温度が23.5度です。

表に張り出してあったものと一部違いがありますね。

温泉は天然のものなので変化することもあり、そのため10年に一度泉質の検査が義務付けられているのですね。

※2021年2月7日(日)入泉体験(温泉ソムリエよっちゃん)

愛知県知多郡南知多町豊浜字峠8 まるは食堂旅館うめの湯

知多半島2021その2/豊浜釣り公園/うめの湯/車中泊車内紹介【動画】




スポンサーリンク