道の駅電電くるみの里・快適ドライブで立ち寄り

スポンサーリンク



道の駅電電くるみの里外観

道の駅「電電くるみの里」は、長野県東御市(とうみし)にある道の駅。

「浅間サンライン」という見晴しのよいドライブコースの途中にあって、引き込まれるように入っていきました。

ここ東御市は浅間山麓にあり、全国一のくるみの産地として知られています。

訪れたのは8月下旬なので、くるみそのものは売っていませんでしたが、クルミ菓子やくるみソフトなどになって販売されています。

くるみが採れるのは10月なので、そのころには採れたての生のくるみが手にはいりますし、乾燥したものはそれ以降に販売されるようです。

ちなみに今年2015年の乾燥クルミの販売予定は12月となっていましたので、日本一の味を楽しみたいですね。

ただいつ売り切れるのかはわからないのです・・・ 

 

スポンサーリンク

道の駅電電くるみの里の駐車場や外観

道の駅電電くるみの里駐車場

広ーい駐車場は「浅間サンライン」のドライブコースのすぐ脇にあるので、見落とすことはないでしょう。

とても雄大な景色と、スムーズに進むドライブコースのため、快適すぎてスピードを上げすぎるかもしれないところです。

道の駅電電くるみの里案内版

「電電」と名がついているので、何かな?と思っていたら、大きなお相撲さんの銅像があり、施設の入り口にもドーンと立像がたちがはだかっています。

「電電」っていうのは、この近くの出身力士さんの名で、江戸時代に大活躍した方だそうです。

生涯で10敗しかしていないそうで、史上最高勝率の力士さんだといいますよ。

現代のような対戦方式ではなかったにせよ、生涯で10敗とは・・・現代の大横綱の白鳳を思い起こしても考えれないほどの勝率です。

敷地には立派な土俵がありました、毎年5月に小学生の相撲大会が行われているそうです。

また小さいですが電電さんの資料館もあって無料で入れます。

道の駅電電くるみの里外観

施設入り口の電電さんは等身大なので、その大きさがよくわかりますよ。

 

道の駅電電くるみの里の施設内と注目スポット

施設の入り口の様子は

道の駅電電くるみの里外観

施設の入り口付近にある、クルミの標本、こんなに種類があるんだ~

道の駅電電くるみの里クルミの標本

施設の中は、産地直送の新鮮な野菜やくだものが並んでいます。

行った時間が午後2時くらいだったので、地元野菜を求めるお客さんは少なかったですが。

丸々とした大きなナスやふっくら太いとうもろこし、みんなふくよかでしたね。

道の駅電電くるみの里産直販売

施設の外で目を引くのは、こんな自販機、アイスコーヒーを買おうかな?と思い近寄ったら、

道の駅電電くるみの里自販機にも特徴あり

電電力士さんの戦歴と勝率、254勝10敗2引き分け、勝率9割6分2厘!

コーヒー買うのも忘れて見入ってしまいました。

未来永劫たたえられる記録ですね。それにしても自販機で、ですか・・・

やはり英雄を輩出しているというのは地元の皆さんのほこりです、クルミと勝ち星が印象的な「電電くるみの里」、

軽井沢から松本へ向かう道の快適ドライブコースで、立ち寄りました。

郷土食コーナーでは、地粉の手打ちそば「戌立そば」・郷土食材を活かした軽食が人気です。

 

道の駅電電くるみの里の詳細情報

駐車場:普通車100台、大型車20台、身体障害者用2台

トイレ :男17、女17、身体障害者用1

上信越道小諸ICまたは東部湯の丸ICから「浅間サンライン」を走り、浅間山と反対側にある。ICから5分。
軽井沢からは国道18号から浅間サンラインを走る

食  事/7:00~19:00
ショップ/8:00~19:00
年中無休
駐車場・トイレ・休憩所・公衆電話などは、道の駅施設として24時間の利用が可能です。

東御市滋野乙4524-1

電話 0268-63-0963

(よっちゃん)




スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy