軽井沢三笠茶屋で幻の三笠ホテルカレー・清涼感につつまれここだけの逸品を

スポンサーリンク



軽井沢三笠茶屋屋外

軽井沢の三笠茶屋で幻のカレーをいただいてきました。

旧三笠ホテルを見学した後、お昼少し前だったのですが、無料駐車場のすぐ手前に、三笠茶屋があるのでここで休憩したくなります。

看板やのぼりには、「三笠ホテル幻のカレー」という文字が躍っています。

軽井沢三笠茶屋外観

これはぜひ食べていかなくては!もう三笠ホテルは営業していないんだし、復刻版の当時のカレーがいただけるなんてチャンスはここしかない!のですから。

周囲の木洩れ日が清々しく、店内もシックな落ち着きがあります。

軽井沢三笠茶屋店内

 

スポンサーリンク

きのこカレーとビーフカレーで三笠ホテルの味を

三笠ホテルカレーとしては、「信州きのこ」と「信州牛」しかありませんが、五穀米で提供とのこと。

白いごはんもOKでしたよ。

軽井沢三笠茶屋メニュー

五穀米で食べるカレーは初めてなので、どんな感じかな?

室内の装飾もおしゃれでしたが、夏のお昼、せっかくなのでガーデンに出てみたら、ひんやりして涼しい風があたります。

気温は・・・薄手の長そで一枚でいいくらいの場所でした。

こちらが三笠ホテルカレーのキノコカレー

軽井沢三笠茶屋きのこカレー

五穀米の上に香ばしいフレークが。

こちらが三笠ホテルカレーのビーフカレー(信州牛)

軽井沢三笠茶屋ビーフカレー

それぞれ大根スライスのサラダと、玉ねぎの薬味がついています。

玉ねぎの薬味は、入れると辛くなるそうなので、お好みですが、途中で全部いれました。

香ばしいフレークは、ビーフカレーにもご飯の横についています。

軽井沢三笠茶屋屋外テーブル

五穀米なのと、こんがりフレークがついているカレーは初めて、さてどんなお味?

トローりとろけるようななめらかなカレーは、五穀米の固い粒、柔らかい粒にからみついて、噛むほどに味わいがじんわりと広がります。

辛さはなく、味わい深い!

辛みがでるという玉ねぎの薬味を入れても、そんなに激辛になるわけではありません。上品な辛み。

両方食べてみましたが、ビーフカレーをしみじみ味わうのが、三笠ホテルカレーの本当の味かもしれないとおもいました。

観光名所にきたなという気になる、ナプキンの印刷は、ゆかりの著名人のイラストが。

軽井沢三笠茶屋ナプキン

P_20150824_121742

 

三笠茶屋の屋外から駐車場へ

8月24日のお昼少し前の時間ですが、屋外は涼しいです。

食べている席の後方と見渡すと、こういう席もあります。

軽井沢三笠茶屋屋外のガーデン

「茶屋」というわけなので、こんな席も。

軽井沢三笠茶屋屋外のガーデン

写真右の木々のすぐ横に、細い清流が流れていて、ミストが伝わってくるのがわかります。

しっとり爽やかな、またひんやりとした空気が漂ってくるところ、すごく気持ちのよい気候です。

お店の看板は通り沿いにあって、

軽井沢三笠茶屋看板・珈琲とお食事

左に見える橋をわたってすぐ駐車場です。この橋から三笠茶屋をみると、

軽井沢三笠茶屋を駐車場から見ると

そして無料駐車場、旧三笠ホテル見学用です。平日だったのですが半分ほど埋まってました。

ここ以外には停められそうなところはありません。

軽井沢三笠茶屋に隣接する無料駐車場・旧三笠ホテル見学用

軽井沢三笠茶屋の食事は、カレーのほかはそばが数種類あります。

瓶ラムネも珍しいし、「峠のアンパン」はやっぱり買えばよかったなと後悔しています。

店頭には並んでいましたよ。

(よっちゃん)

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy