スポンサーリンク



道の駅立田ふれあいの里のお土産蓮のつぼみ

道の駅「立田ふれあいの里」は、愛知県西部の愛西市にある道の駅。

名産の「れんこん」は一年中土付きで販売されています

名古屋から近いこともあり、土日は一日中大勢の人で賑わっています。

年に何度も訪れるのですが、

  • 「蓮見の会」
  • 「大カボチャの展示」

などの四季のイベントがあって、道の駅としては面白味のあるところです。

今回は7月の第二日曜(開催日は二日間)の「蓮見の会」のとき行ってみました。

観賞用の蓮を観てから、立田ふれあいの里へより、地元産の野菜をいつものように買いこんできました。

スポンサーリンク

道の駅「立田ふれあいの里」駐車場

道の駅立田ふれあいの里の正面駐車場

自家用車で訪れる人のため駐車場はかなり広く、土日祝やイベントのときは混雑します。

混みあうときはガードマンさん二人が、誘導してくれます。

道の駅「立田ふれあいの里」のメインの建物の正面に、何十台分かの駐車スペースが。

イベントの土日は、そのスペースにはおさまりきらず、施設の右方向のの駐車スペースに誘導されます。

そちらは大型バスなどの特殊車両用ですが、自家用車分も相当数とめることができます。

 

スポンサーリンク

車が混雑する時間帯

道の駅立田ふれあいの里の遠景

◆「立田ふれあいの里」駐車場の遠景

10時ころから1時くらいが、最も車が混んでいます。

この時間に行くとすぐには停められないことも。

 

「立田ふれあいの里」のトイレ

トイレは正面駐車場から向って右の端にあります。

いつ行ってもきれいにしてあります。

手前の駐輪場の屋根の下に、つばめが巣を作っていて可愛らしい姿が見えました。

 

スポンサーリンク

「立田ふれあいの里」のイベント・くじ引き

年間通して土日にイベントがけっこうあって、地域誌での周知もよくされています。

去年くじ引きで「トイレットペーパー12ロール入り」が当たりました。

500円購入につき一枚の抽選券で、外れてもティッシュひと箱でしたから、けっこう大盤振る舞いです。

5キロの玄米が当たっていた人もいました。

立田ふれあいの里のイベント商品券

今回7月11日の「蓮見の会」のときは野菜を1600円ほど購入したところ、「お買い物券50円」が3枚もらえました。

還元セールということで、立田ふれあいの里でのお買い物に7月13日から8月12日まで使えるというものでした。

イベントは土日に毎月のようにやっているようですが、毎年決まってやっているのは3回ほどの大きなイベント。

その一つが「蓮見の会」で花蓮を間近で鑑賞でき、和太鼓などの演奏や野点があります。

 

人気産直野菜とおみやげ

道の駅立田ふれあいの里の産直野菜レンコン

朝9時からはじまる近所の農家の方たちの、朝採れ野菜の数々は、新鮮なだけでなくお値打ちです!

種類も多くて、ついあれもこれも!と買ってしまいます。

菊をはじめとする切り花も豊富にあって、安いですよ

そして飛ぶように売れています。

もちろん蓮の有名産地なので、土付のれんこんは年中置いてあります。

れんこんを使ったお菓子の数々、レンコン入りのみたらしやパンもありますよ。

 

営業時間などの情報

  • 営業時間:午前9時~午後6時まで
  • 休日:毎週木曜日 / 年始(1/1~1/3)
  • 駐車場(24時間利用可)

    大型車19台 普通車50台 障害者2台

 

朝9時から地元品の販売がありますが、行列ができる人気ぶり。

11時ごろには品薄になっていてほしいものがないこともあるので、早めに行くようにしています。

愛知県愛西市森川町井桁西27番地 道の駅 立田ふれあいのふれあいの里

海老と蓮根のおとし揚げえび/エビ/れんこん/レンコン/ebirennkonn/
created by Rinker

 




スポンサーリンク