極楽湯 芹が谷・黒い温泉を口コミ/料金時間/良質の美肌の湯を堪能

スポンサーリンク



極楽湯 芹が谷店(横浜市港南区)玄関

◆極楽湯芹が谷店の玄関

横浜市港南区にある「極楽湯芹が谷店」に行ってきました。

地下1500メートルから湧き出る湯は、黒っぽく弱アルカリ性の温泉です。

本格的な天然温泉に入れるとは知らず、なんだか得した気分でまったりしてきました。

露天風呂の種類も特徴的でおおいに楽しめたので、口コミします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「極楽湯芹が谷店」の料金時間

スポンサーリンク

料金

極楽湯芹が谷店(横浜市港南区)の料金表

◆極楽湯芹が谷店の料金表

  • 平日:大人(中学生以上)850円 子供(4歳から小学生以下)400円
  • 土日祝:大人(中学生以上)950円 子供(4歳から小学生以下)500円
  • 3歳以下無料

極楽湯芹が谷店・クーポン

極楽湯 横浜芹が谷店 クーポン(入館料+タオルセット)

ホームページからクーポンが利用できます。

  • 平日:大人(中学生以上)20%オフで1270円⇒1016円に
  • 土日祝:大人(中学生以上)20%オフで1370円⇒1096円に

ニフティのクーポン

極楽湯 横浜芹が谷店 ・優待券利用の場合の料金表

◆極楽湯 横浜芹が谷店 ・優待券利用の場合のチケット購入

タオルを持参するなら、入浴料のみのクーポン利用がお得。

優待券700円のチケットを購入し、ニフティのクーポン券をみせます。

各種優待割引

JAF・わかばカード・タイムズクラブ・JTBえらべる俱楽部などの優待割引あり。

営業時間

  • 平日:9時から翌2時
  • 土日祝:7時から翌2時
  • 最終受付:翌1時30分
スポンサーリンク

極楽湯 横浜芹が谷店・お風呂

極楽湯 横浜芹が谷店 温泉入り口ののれん

◆極楽湯 横浜芹が谷店 温泉入り口ののれん

内湯

  • 自然の湯:天然温泉を加水せずに入れる湯舟
  • ジェットバス
  • スーパージェットバス
  • 電気風呂
  • 水風呂

自然の湯が最も効能がありそうで、人気でしたね。

露天風呂

露天風呂の種類が豊富でかつ個性的です。

  • 水素風呂:酸化された細胞を還元する作用で健康の増進、老化抑制に良い
  • 岩風呂:広々開放的な黒湯
  • 黒湯炭酸泉:黒湯に炭酸ガスを溶け込ませている
  • 坪風呂:いわゆる「五右衛門風呂」で黒湯
  • 寝湯:柔らかな水流がある
  • あつ湯:ちょっとあつい黒湯

遠赤外線タワーサウナ

遠赤外線の効果が皮膚の奥まで浸透して、毛穴を開き一気に発汗します。

ととのいスポットもあったと思います。

アメニティに、ティッシュと綿棒ありました。

極楽湯芹が谷店・天然温泉の泉質

極楽湯芹が谷店(横浜市港南区)天然温泉の解説

◆極楽湯芹が谷店 天然温泉の解説

地下1500mから湧き出す源泉は、食塩泉と重曹泉の両方の成分を含む、ナトリウム塩化物・泉炭酸水素塩泉

温泉に含まれるフミン酸が、太陽の光のうち目に見える光の部分を吸収して光がなくなり、温泉が暗黒の黒色に見えるということです。

入浴後は肌がなめらかでしっとりとする「美肌の湯」です。

極楽湯 横浜芹が谷店 温泉成分分析表

◆極楽湯 芹が谷店 温泉成分分析表(ピントあってません(-“-))

極楽湯 横浜芹が谷店 食事処・休憩所

食事処

極楽湯 横浜芹が谷店 食事処

◆極楽湯 芹が谷店 食事処

ランチメニュー・期間限定メニュー・グランドメニューとわかれていて、

ランチメニューは、うどん・そばはじめ丼物が充実しています。

グランドメニューは幅広く、十割そば・讃岐うどんはじめ、定食や丼もの、ラーメン類、おつまみの数々、お好み焼き・たこ焼き、炙り焼き、桶盛りなんていうメニューもありますよ。

デザートやキッズ用メニュー、ソフトドリンクやお酒類も豊富に揃っています。

お食事処・営業時間

  • 平 日  9:30~25:00(お食事処ラストオーダー24:30、アルコールラストオーダー24:00)
  • 土日祝  8:00~25:00(お食事処ラストオーダー24:30、アルコールラストオーダー24:00)

休憩所

休憩所はベンチ椅子があり、寝転べる広いスペースはなかったようです。

極楽湯 芹が谷店・駐車場

極楽湯 芹が谷店 駐車場 

◆極楽湯 芹が谷店 駐車場 

駐車場は200台分あり無料です。

平日の夕方でしたが、8割はうまっていました。

極楽湯 芹が谷・黒い温泉を口コミ/料金時間/良質の美肌の湯を堪能/まとめ

貸し部屋があるので、プライベートでゆっくりしたいときもいいですね。

お風呂場にテレビがなく、静かに黒い温泉を堪能できました。

訪問したのは平日の夕方で、若い世代の方たちの利用が大半で駐車場も空きが少ない状況です。

都心部で「これぞ温泉」といえる黒い温泉に入れて大満足です。

鬼滅の刃とのコラボイベント、カットサロンやリラクゼーション施設もあり、都会のオアシス的な存在ですね。

横浜に来るおりにはまたぜひ、ゆっくりと利用したいです。

極楽湯 横浜芹が谷店HP

※2022年6月16日訪問

極楽湯 芹が谷店 所在地:神奈川県横浜市港南区芹が谷5-54-8 下の行のワンクリックでコピーできます。

 神奈川県横浜市港南区芹が谷5-54-8



スポンサーリンク
スポンサーリンク
神奈川県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました