スポンサーリンク



「道の駅一本松展望園」の展望台からの錦海湾の絶景

◆「道の駅一本松展望園」の中央展望台からの錦海湾の絶景

展望ドライブが楽しめる岡山県の「ブルーライン」にある「道の駅一本松展望園」では、ブルーライン随一の絶景が見られます。

錦海湾(きんかいわん)、内海に浮かぶ小さな島々が、とても美しく映ります(多島美「たとうび」というそうです)。

瀬戸内海は世界一美しいと絶賛されるほどの景色です。

時を忘れるほど見入ってしまう眺めは、このためだけに来ても十分です。

(台風の影響で雲が多かったのが残念、それでも美しい島々が見えました)

海が近いのに標高は90メートル、海の幸山の幸が手に入るのもうれしい。

それに「ミニ鉄道公園」があるってすごいですね。

「道の駅一本松展望園」(岡山県瀬戸内市)の入り口の様子

◆「道の駅一本松展望園」の入り口の様子

絶景は晴れた日にぜひ、そしてミニ鉄道公園の様子をお伝えしますね。

 

スポンサーリンク

「道の駅一本松展望園」の絶景

「道の駅一本松展望園」の展望台からの錦海湾の絶景

見る位置は海側に寄るより、石段の上の方からが素晴らしい。

初日の出のスポットにもなっている「道の駅一本松展望園」。

中央展望台からの景色を存分に満喫しましょう。

望遠鏡も置いてあります。

※さらに上に頂上展望台があり、そちらの方がさらに絶景が期待できそう)

写真では本当のすばらしさは伝わらないなあ。。機会があれば行ってみてくださいね。

さて、ここには石炭で走るミニSLがあるのも見もの。

「道の駅一本松展望園」の展望台からの下りてミニ鉄道公園へ

「道の駅一本松展望園」の展望台から階段を下りて、ミニ鉄道公園へ。

スポンサーリンク

「ミニ鉄道公園」時間料金

「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園の営業時間

ミニ鉄道公園の営業時間は、10時から16時。

「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園の乗り物

◆「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園の乗り物

「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園の乗り物

◆「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園の乗り物

「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園の案内

案内板によると、毎日というわけではないので注意が必要。

  • 土・日・祝日:ミニSL・おもしろ自転車・バッテリーカー・サイクルカーで遊べる。
  • 平日:バッテリーカーで遊べる。

<料金>

  • ミニSL・新幹線・サイクルカー・おもしろ自転車は280円
  • 回数券6枚綴りは1200円(HAF会員特別料金1100円)

※機関車(石炭)は、日・祝日の10時半から15時ですが、HPを確認したところ、開園日や時間などは電話でお問い合わせください。とのことでした。

スポンサーリンク

大型遊具などあり

「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園の大型遊具

◆大型遊具は黄色い恐竜

首長恐竜バロサウルス(全長約25m・植物食・アメリカ)を思わせる恐竜の大型遊具。

愛称遊多(ゆうた)君と名付けているそうです。

ジャングルジムもありました。

「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園にある線路の一部

◆線路の一部とその説明

新幹線の線路、山陽本線の線路、宇野線の線路と赤穂線(?かな)の線路の一部が置いてあり、説明も。

鉄道好きな人にはたまらない?

「道の駅一本松展望園」のミニ鉄道公園にある広場からの景観も素晴らしい

遊具の隣には広場があり、ここでも子どもたちは走り回れます。

そしてここからも目の前が、展望台と同じように素晴らしい景観です!

ぜひ晴れた日にお出かけを。

岡山ブルーラインからの絶景はほかでも

「道の駅一本松展望園」岡山県瀬戸内市、ブルーラインの地図

「岡山ブルーライン」は無料でした。

道の駅の地図を見ると駐車場が何か所かあり、同じように「多島美」が見られるスポットのようです。

少しだけ離れたところにも「道の駅」があり、こんなに近い距離で、と不思議でしたが、寄ってみたらやはり素晴らしい景色を見られました。

それは「道の駅一本松展望園」より東にある「道の駅黒井山グリーンパーク」

どちらも駐車場は240台ほどもある広さです。

曇っていたのがとても残念でした。

ミニSLに確実に乗るためには、ホームページで確認してくださいね。⇒「道の駅 一本松展望園HP」

岡山県瀬戸内市邑久町尻海3539 道の駅 一本松展望園

 




スポンサーリンク