スポンサーリンク



岡山後楽園(岡山県岡山市)の風景

◆岡山後楽園の風景

岡山後楽園は江戸時代を代表する大名庭園の一つ。

延養亭(藩主の居間)、能舞台、園内各所にある茶室や祠が、広い芝生や池を取り囲むようにたたずんでいます。

池や築山などが水路や園路に結ばれて、様々な風景を楽しめる回遊式の庭園です。

園内はほとんどが田畑だったところを、園内全体に芝を敷き詰めたのは明治以降のこと。

日本三名園の一つ 「岡山後楽園」を晴れた10月の日に見学してきました。

  • 料金と時間
  • 駐車場とアクセス
  • 後楽園の園内の様子

を詳しくお伝えしますね。

目の前にそびえる岡山城にも寄ってきました。

 

スポンサーリンク

岡山後楽園・料金と時間

岡山後楽園(岡山県岡山市)の入園料などの案内

◆岡山後楽園の入園料などの案内

入園料金は単独と共通の二種類あります。

<入園料・後楽園単独>

  • シニア(65歳以上)140円
  • 大人(15歳から64歳、高校生以下を除く ) 410円
  • 高校生以下の方は後楽園の入園料が無料(高校生は生徒手帳の提示が必要)

 <共通券の入園料>

  • 後楽園と岡山城 :大人580円
  • 後楽園と夢二郷土美術館:大人1050円
  • 後楽園と岡山城と夢二郷土美術館:大人1220円

※シニアの方は共通の入園料はなくそれぞれの施設で支払い

私たちは「岡山城」の共通券を購入しました。

スポンサーリンク

開園時間

  • 3月20日から9月30日:7時30分から18時まで(入園は17 時45分まで)
  • 10月1日から3月19日:8時から17時まで(入園は16時45分まで)
  • 早朝開園施行中:9月は6時30分から、10月から11月は7時から開園

 

スポンサーリンク

岡山後楽園・駐車場とアクセス

岡山後楽園(岡山県岡山市)の全容と岡山城、主要配置図

◆岡山後楽園の全容と岡山城、主要配置図

岡山城と南側にある後楽園の地図です。

駐車場の入り口は一か所で、バス停や蓬莱橋の近く、後楽園の真北にあたります。

駐車場は後楽園の北から東側に塀に沿って作られています。

後楽園(岡山県岡山市)の駐車場の出入り口

◆岡山後楽園の駐車場の出入り口

後楽園(岡山県岡山市)の駐車場

◆岡山後楽園の駐車場、右の塀は後楽園

駐車場は広いですが、後楽園の塀に沿って南に長く続いています(二段に分かれています)。

奥に行くほど入り口から遠ざかり、数百メートルはあるくことになるかもしれません。

駐車料金

  • 駐車料金は1時間100円
  • 上限はありません!

後楽園(岡山県岡山市)の出口付近にある駐車料金事前精算機

◆事前精算機

精算がスムーズにできるよう、駐車券は必ず持って降り事前精算機を利用するとよいですね。

精算機は後楽園入り口のそばにあります。

精算後30分以内にでてくださいと。

アクセス

  • 岡山インターチェンジから車で20分
  • JR 岡山駅から徒歩25分
  • JR岡山駅から路線バス約10分から15分 後楽園口(東口)ターミナル1番乗り場

岡山後楽園の園内の様子

園内はとても広々とした緑の芝が美しいところでした。

岡山後楽園(岡山県岡山市)のパンフレットの地図と案内

◆岡山後楽園のパンフレットの地図

入場のときいただくパンフレットを見ながら、歩いて行きます。

岡山後楽園は、岡山藩二代目藩主池田綱政が築いた庭園で、 父から受け継いだ岡山藩の基盤を固めた人。

1687年に築庭をはじめ、園内中央を明るく開けた平坦地の 一部を芝生とし残し、大半は元の田畑をそのまま取り込んだ明るい庭園でした。

歴代藩主も政務の合間過ごす安らぎの場として利用していました。

後の藩主の好みで手を加えられることにより、現在の庭園が形作られていきます。

主要な建物「延養亭」と能舞台

岡山後楽園(岡山県岡山市)の「延養亭」

◆岡山後楽園の「延養亭」

最も主要な建物は、園内が一望できる「延養亭」で、藩主が後楽園を訪れたときの居間として使われたところ。

隣に能舞台があり、自らもすぐれた舞手だった池田剛政がここで舞い、また舞台を楽しんだといいます。

岡山後楽園(岡山県岡山市)の能舞台「栄唱の間」

◆能舞台・栄唱(えいしょう)の間

現在の建物は戦後に再建されたもので、能装束の名品が多数残されています。

訪問したこの日は日曜日で、ちょうど舞いが披露されていました。

岡山後楽園(岡山県岡山市)の能舞台「栄唱の間」にて上演

生の舞台を拝見できる貴重な体験でした。

岡山後楽園(岡山県岡山市)の花葉池の巨大な石

◆花葉池の大立石

能舞台の横には「花葉池」という池があり、蓮が植わっていて、巨大な岩が鎮座しています。

この石は「大立石」といい、元禄四年に池田綱政が運ばせた庭石。

割れ目があるので説明を見ると、花崗岩を90個に割って運んで元の形に組み上げたもの!

すごい技術ですね。

こうした巨石は庭園内にいくつか見られました。

岡山後楽園の庭園内の様子

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景

広い広い後楽園の園内を見て回るのに、およそ数十分はかかります。

その一部を映してきたので、どんな風景か感じてもらえたら。。。

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景

◆川の上に張り出した松

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景

◆芝生の広場と茶畑

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景、田、稲刈り後

◆稲刈りしたばかりの田

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景、一番大きな池沢の池

◆岡山後楽園園内で一番大きな沢の池

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景

岡山後楽園(岡山県岡山市)の園内の風景、タンチョウが6羽

◆岡山後楽園にいるタンチョウ、6羽

タンチョウが園内を散策する日程も決められているようですよ。

岡山後楽園(岡山県岡山市)茶屋で一服

一通り園内を散策して、岡山城にも行って、2時間ほどあるいたところで休憩を。

お抹茶とソフトクリームで休憩。

岡山後楽園(岡山県岡山市)茶屋で一服、きびだんご

「きびだんご」がついたお抹茶と

岡山後楽園(岡山県岡山市)茶屋で梅ジャムのソフトクリーム

梅ジャムのソフトクリーム。

目の前には贅沢な後楽園の庭。

きれいな錦鯉が池で泳いでいて、「棒状のふ」の餌をやることもできます。

岡山後楽園(岡山県岡山市)板張りで休憩できる東屋

休憩できる板張りの東屋(大きい)があり、くつろぐことができます。

水には足をつけられません。

岡山城は南門から

岡山後楽園(岡山県岡山市)の南門から岡山城に

後楽園の南側にある「南門」から、岡山城へ通じています

茶屋が数件あり、「月見橋」を渡っていくので、2分ほどでつきます。

食事や休憩はその茶屋でもできるので、チケットを見せると再入場できることになっています。

岡山後楽園(岡山県岡山市)岡山城を眺めながら食事ができるお店数件

南門を出てすぐにある、城見茶屋。

「お城を眺めながらお食事をどうぞ」とあります。

窓越しに見られる位置には限りがあるので、座れたらラッキーですね。

さて、後楽園の入り口付近からは、岡山城の遠景が見られます。

岡山後楽園(岡山県岡山市)から見る岡山城

◆岡山後楽園から見る岡山城

四季折々の催事に合わせて行くプランを

私たちが訪問した10月中旬は、紅葉にはまだ早く、菊花大会もまだの時期。

芝の緑はとても美しく、池の鯉も元気いっぱいの季節でしたが、後楽園ならではの「催事」に合わせて訪問するのがベストなプランかと思います。

岡山後楽園(岡山県岡山市)四季の主な催事

◆岡山後楽園・四季の主な催事

詳しくは確認してくださいね⇒「岡山後楽園のHP」

後楽園の南にそびえる「岡山城」に上ってみました⇒「「岡山城」入場料と時間/駐車場/内部の様子は?無料着付け体験(岡山市)」

歴史の町、倉敷の美観地区も行ってきました⇒「倉敷・美観地区の散策風景/アクセスと駐車場/案内マップを駅前で(岡山県)」

2019年10月13日(日)の訪問体験談です。

岡山県岡山市北区後楽園1−5岡山後楽園




スポンサーリンク