トヨタ鞍ヶ池記念館・創業時の情熱とモノづくりの心を伝える・無料(愛知県豊田市)

スポンサーリンク



トヨタ鞍ヶ池記念館に展示されている創業時のクラウン

トヨタ鞍ヶ池記念館は、 トヨタ車の生産台数が累計1000万台を達成したことを記念して、 昭和49年(1974)9月に 竣工されました。

本格的な自動車工業の確立に挑戦した 豊田喜一郎とその仲間の方たちの 活動の足跡を、 ジオラマや映像で、観覧できるようになっています。

トヨタ自動車の創業期の情熱とエネルギーを感じ取れる素晴らしい展示物の数々です。

まず「トヨタ鞍ヶ池記念館」に入ると、パンフレットをいただけます。

そしてすすんでいくと、紡織を一生をかけて取り組んだ豊田佐吉の織機が 展示されています。

 

スポンサーリンク

豊田佐吉さんの功績

 

トヨタ鞍ヶ池記念館の紡織機

トヨタ紡織で名高い、豊田佐吉さんの功績がまず紹介されています。

喜一郎さんのお父さんです。

豊田佐吉さんと喜一郎さんの歴史

息子の喜一郎さんのは、紡織をつがずに、自動車の大衆化を夢見て別の道に乗り出しました。

 

写真でみるトヨタ自動車創業期とジオラマ

 

トヨタ鞍ヶ池記念館の内部展示物

建物の中に入ると、まばゆいばかりの展示物。

トヨタ鞍ヶ池記念館の豊田家の歴史

喜一郎さんの生涯はもちろん、写真で見るトヨタ自動車の創業期 写真240点、長さ70メートルもの歴史写真グラビアに 圧倒されます。

 

トヨタ鞍ヶ池記念館の喜一郎さんの学術ノートなど

熱心に勉学されていた豊田喜一郎さんのノートの数々。

 

豊田喜一郎と 創業期の仲間の皆さんが失敗を繰り返しながら 困難を乗り越えていったトヨタ自動車創業期の 4つのシーン が再現されています。

トヨタ鞍ヶ池記念館のジオラマ30分の一

1/30縮尺の精密なジオラマ模型が、 ラジオドラマ風な解説で 当時の様子を実感できるようになっています。

トヨタ鞍ヶ池記念館のジオラマ30分の一

トヨタ鞍ヶ池記念館のジオラマ30分の一

クラシカルな車、商店のにぎわい、信号機の修理、右から書かれた看板、のんびり道路を横切る人など。当時そのまま。

自動車が 一般の人に手に入り、そして 生活を豊かにする 夢を抱いて果敢に挑戦された 豊田喜一郎さんの、情熱とエネルギーがひしひしと感じられる展示物ばかりです。

 

トヨタ自動車創業期の車の展示も

 

トヨタ鞍ヶ池記念館に展示されている創業時のAA型

トヨタ鞍ヶ池記念館に展示されている創業時のクラウン

トヨタ鞍ヶ池記念館の展示車

夢を抱くこと、挑戦すること、仲間を信頼すること、ともに行動すること、走り続けること、 夢を諦めないこと、 それらの想いが展示物の一つ一つにこめられているようです。

これらの想いは子供達にも 伝えていきたいものですが、 大人の心の中にも持ち続けたい ものではないでしょうか。

日本中の人々の 暮らしを車によって豊かにしてくれたトヨタ の方々、その恩恵にあずかれる 現代に暮らせることを感謝せずにはいられません。

 

トヨタ鞍ヶ池記念館案内

会館時間 9時半~17時

休館日 月曜日(日祝の場合は翌日)年末年始

入場料 無料(駐車場も無料)

場所 愛知県豊田市池田町南250番地

アートサロンも同じ建物内にあります⇒「「日本画の創造と未来」トヨタ鞍ヶ池アートサロン9月9日から2018年1月28日まで(愛知県豊田市)

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy