めん処登起乃庵でランチ・信州そばの他うどん丼物も(名古屋市天白区)

スポンサーリンク



めん処登起乃庵(名古屋市天白区)信州そばメインのお店名古屋市天白区にある「めん処登起乃庵」でランチをしてきました。

地下鉄上田駅から徒歩4分ほどで、飯田街道の長原交差点の北にあり、車でも行きやすい場所にあります。

駐車場はお店の前に7~8台分ほどあります。

信州そばの大きな看板のお店なので、そばがメインのお店とはわかりますが、うどん派の私としてはうどんもあるといいなと内心考えてました。

お昼にはランチメニューがあって、680円で、注文する人が多かったです。

 

スポンサーリンク

天ざるはそばが二枚

「めん処登起乃庵」(名古屋市天白区)のてんざる

天ぷらは彩りよくからリと揚がっていまいた。1200円。

ざるそばは二枚になっているので、お蕎麦好きには満足できそう。

つるりとした舌ざわりのそば、コシがあっておいしいです。

「そばつゆは今まで食べたものの中では薄口」と相方が言ってました。

蕎麦ちょこの形がおわんのような太目の形で、やや不満です。

そばつゆはとても薄いさらっとしたものでした。

 

「めん処登起乃庵」のデラックス煮込みうどん

「めん処登起乃庵」(名古屋市天白区)のデラックス煮込みうどん

私が注文したデラックス煮込みうどん

煮込みうどんに海老天とお餅が入っているものです。普通のうどん800円でこれは1000円。

運んできてくれて、すぐにふたをとってくれました。

ふたを開けたばかりは、グツグツと煮えてゆげがもわっとあがります。

そこが煮込みうどんのいいところで、寒い今は麺といえばこれを選択してしまいます。

海老天はあげてすぐのものがはいってます。その向こうには周囲が固まり始めた卵。ちょうどよい加減の固まり具合。

(お餅は薄いのか?よくわかりません)

お味噌の色は濃いです、でも味が塩辛いというわけではないです。

味噌の風味はやや少ない。

麺は手打ちと思います、ねじれがあり太さもばらつきがあります。腰がありこの麺は好みです

煮込みうどんの場合は、熱い麺をいったんさませるように浅い器がついてきますが、ここは天ざるについてきた蕎麦ちょことおなじものがついてきました(ちょっと残念)。

 

丼物にはミニうどんがついてくる

「めん処登起乃庵」(名古屋市天白区)カツ丼ミニうどんつき

カツ丼を頼むと、ミニうどんがセットになってついてきます。

カツ丼はとってもジューシーで、かかっているおつゆの味が濃く、ごはんがすすみます

うどんはミニではあっても、まあまあの量で、満足できそうです。850円。

 

「めん処登起乃庵」(名古屋市天白区)の外観と感想

「めん処登起乃庵」(名古屋市天白区)の玄関の様子

信州そばと大きな看板がありますから、そばがメインのお店ですが、うどんの種類もたくさん用意されています。

メニューを見ると、単品に400円プラスで、定食にできます。

定食はごはん味噌汁、漬物、それから天ぷらだったかな?(すみませんうろ覚え)

丼物もたいての種類は用意されています。

お茶のお代わりが欲しかったので頼んだのですが、忙しい平日のランチ時でしたが、すぐおかわり持ってきてくれました。

平日のお昼は、ランチ目当ての男性客が多かったです。

「めん処登起乃庵」さんごちそうさまでした。

愛知県名古屋市天白区井口1丁目2001 「めん処登起乃庵」

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 dummydummy dummy dummy