スポンサーリンク



ひまわりアップ

愛知県南知多町にある観光農園の「花ひろば」では、6月下旬から11月下旬まで「ひまわり」が観賞できます!

その数はひまわり畑としては日本一?の声もあります。

2019年は4月に種をまき、6月下旬には8万本もひまわりが咲き誇りました

今年は3月下旬に植えたタネが芽をだしたのを、鳥たちが食べてしまったというエピソードも。

そのため、鳥よけの音(爆音・空砲)を鳴らして鳥を警戒しているのだそうです。

そんな苦労もあって、10月に入っても見事に咲き続けていましたよ!

「花ひろば」は名古屋から高速利用で約1時間(60キロ)の距離。

カップルや家族連れにも喜ばれる企画もあって、観賞と撮影だけでない楽しみ方にも人気がありますよ。

  • 入園料
  • 駐車場
  • 撮影スポット
  • 切り花などのお土産付き
  • 地元の物産展

ひまわりで有名な「花ひろば」をもう少し詳しく。。。

 

スポンサーリンク

観光農園「花ひろば」の入園料と駐車場情報

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)の外観

◆「観光農園花ひろば」の外観

観光農園「花ひろば」は入園料がかかります。

<入園料>

  • 大人(中学生以上)700円
  • 子供 350円
  • 未就学の子供無料

<営業時間> 

  • 午前8時から午後5時まで(1月1~3日休み)
  • 天候不順等でお休みする場合あり

<その他OK事項>

  • 撮影機材の持ち込みOK(撮影予約は不要)
  • ペット入園 OK(大型犬OK)
スポンサーリンク

「花ひろば」駐車場

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)100台無料駐車場

◆「観光農園花ひろば」100台無料駐車場

駐車場は無料! 100台分完備。

通りを挟んだ向かい側にあります。じゃりはあるものの平らです。

パンフレットのダウンロードができる!

観光農園「花ひろば」さんのHPで、パンフレットがダウンロードできます。

詳しく知りたい方はまずは観光農園「花ひろば」のHPを見てね。

パンフレットダウンロードはページの一番上にあります。

ひまわり鑑賞期間

HPで確認したところ、11月下旬と表示しているかと思えば、12月上旬とも書いてあります。

今後の気温の変化などで、12月上旬までみられるかどうかは流動的ということみたいです。

11月中まで、と覚えておけば間違いないでしょう。

スポンサーリンク

観光農園「花ひろば」のひまわり

ひまわり群生

「ひまわり」なら絶対「花ひろば」がおすすめ!

6月下旬から11月下旬までの間、ひまわり満開です!

区画を区切って順次咲かせているので、必ず満開の畑があります。

それに見渡す限りの広々とした花畑が広がります。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)満開のひまわり畑・2019年10月上旬

◆「観光農園花ひろば」満開のひまわり畑・2019年10月上旬撮影

この日は曇り空だったので、お客さん少な目かもしれません。

随時フォトコンテストを開催していますから、行った記念に応募してみるのもいいですね。

青い空とのコントラストが一層ステキかと思います。

撮影スポットを最初にチェック

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)撮影スポット、畑案内図

◆撮影スポット、畑案内図

順次お花が見ごろになるよう、「花ひろば」の畑はどこでどの花が咲いているのかわかるようになっています。

かなり広い畑が続いているので、最初に撮影スポットをチェックするのがよいかも。

案内図に撮影スポットの印がありますよ。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)の撮影スポットの青い蝶

また、こんなモニュメント?があるところも撮影スポットです。

10月の上旬、ひまわり以外にも見頃を迎えている花がありました。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)の撮影スポット、ハートの花壇で

こんなスポットもある、「幸せの椅子」と書いてある。

カップル向きのしゃれた演出もそこかしこに。

「本日満開のひまわり畑はここ」と記されたところに行ってみますね。

ひまわり畑と見ごろを迎えたコスモス

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)、見頃を迎えたコスモスと満開のひまわり

◆見頃を迎えたコスモスと満開のひまわり

10月に入りコスモスが見ごろを迎えていました!

ひまわりはその向こうの畑に満開です。

上の写真左の畑は、間もなく咲き始めるひまわり畑。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)ひまわり畑とカップル

◆ひまわり畑とカップル

ひまわりだけだと分かりにくいですが、カップルと比べると、ここのひまわりはそんなに背が高くないです。

腰か胸くらいまでの高さです。

花をたくさんつけているので、ぱーーーーっと明るい。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)ひまわり3本持ち帰ってOK

この日はひまわり3本と他の花7本、合計一人10本を摘み取ってOK、ということで、

ひまわり畑に侵入して選びました。

ひまわりの選び方のコツ

持ち帰るひまわりは、「これから咲くところ」「開きかけ」のものがよいですよ。

ぱーっと開ききってしまったものは、間もなく花びらが落ち始めますから。

そして、気をつけたいのが虫です。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)満開のひまわり、虫がいるよ

これ見てわかるかな。

大いと数匹、少なくても一匹以上の虫がついています。

虫がまったくいないという花はないほど。。。

虫嫌いの人はビックリしちゃうかも。

驚かないでね。これが自然なので。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)コスモス畑の中

コスモスも切っていいということなので、畑に入り込んで賢明に物色。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)ひまわり3本とコスモス3本切る

ひまわり3本とコスモス3本を花束に。

まだ4本摘んでいいんだ。。。でもあまり欲張らないでおこう。

ひまわり以外の花も摘み取りOK

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)摘み取りOKの花について

この日はひまわり3本とほかに7本摘み取っていいことになっています。

ガーベラ、けいとう、百日草、コスモス、千日紅など

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)ガーベラハウス

ガーベラハウスに行って、ガーベラを3本摘んできました(合計9本に)。

二人なのでこの倍はとってもいいのですが、あまり多くても困るのでおしまいに。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)鉢植えのピンクのススキ見ごろ

◆ピンクのススキも見ごろ

ピンクのススキも素敵でした。

でも鉢植えなので、これは摘んではダメなのです。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)摘んだ花をまとめてくださる

摘んだ花は枯れないようまとめてもらえます。

「観光農園花ひろば」(愛知県南知多町)ひまわりの種とみずあげ方法

花ひろばと同じひまわりの種をもらえます(大人限定)。

また摘んだひまわりの水揚げ方法ももらえるので安心。

おかげで花瓶で生きいきと咲いています!

地元の農家さんの自慢の物産展

農園の入り口には、地元の農家さんの自慢の野菜や果物が販売されていますよ。

これは入園料払わなくても購入できる。

夏はスイカが500円からだそう!(試食OK)

野菜はもちろん新鮮そのもので格安!

(この日、袋一杯の唐辛子・なす5本・袋一杯の赤ピーマン、各110円(税込))

車椅子で園内(花畑)を見学もOK

車椅子を利用しての見学ができます。

「花ひろば」さんのQアンドAによると、

「車椅子用の設備は整っておりませんが、補佐いただける方がお見えでしたら園内の整備された道路からはお花を楽しんでいただくこともできます。」

とありました。

通路はなだらかな坂が多く、舗装していないので歩きやすい靴で。

ひまわり群生と青空

  • イチゴ狩り12月から5月中旬
  • メロン狩り7から8月中旬

もできて、1年を通してお花もいろいろと咲いてます

花摘みもできて、とっても素敵な写真がとれる南知多町の「花ひろば」。

海辺のドライブのついでに、ぜひ行ってみてね!

花ひろば(愛知県半田市南知多町)で花摘みして持ち帰った花たち

この日持ち帰った花、咲きかけのひまわり・ガーベラ・コスモス(ひまわりはあと2本あり)これで一人分。

歴史お寺社仏閣好き・南知多の観光のおすすめ⇒「野間大坊・源氏にまつわる伝説のパワースポット/駐車場と文化財(愛知県美浜町)」

ランチ・食事なら定番・評判の⇒「まるは食堂本店・ランチ食事メニュー/予約は?/駐車場(愛知県南知多町)」

「観光農園花ひろばHP」

愛知県知多郡南知多町大字豊丘高見台48 観光農園花ひろば




スポンサーリンク