スポンサーリンク



ひまわりアップ

愛知県南知多町にある観光農園の「花ひろば」では、6月下旬から11月いっぱいまでの長期間にわたって「ひまわり」が観賞できますよ。

その数はひまわり畑としては日本一?の声もあります。

2019年は4月に種をまき、6月下旬には8万本もひまわりが咲き誇る予定です。

「花ひろば」のHPによると、3月下旬に植えたタネが芽をだしたのを鳥たちが食べてしまったそうです。

そのため畑では、鳥よけの音(爆音・空砲)を鳴らして鳥を警戒しているそうです。

場所は知多半島の先端ですが、名古屋から高速利用すれば、約1時間(60キロ)で行ける距離で、日帰りで十分楽しめちゃいます。

カップルや家族連れにも喜ばれる企画もあって、観賞と撮影だけでない楽しみ方にも人気がありますよ。

入場料が必要ですが、花苗がもらえたり切り花をもらえたりするので、お土産付きということですね。(ひまわりは5本でした)

では、ひまわりで有名な「花ひろば」、もう少し詳しく。。。

 

スポンサーリンク

観光農園「花ひろば」の入園料と駐車場情報

観光農園「花ひろば」は入園料がかかります。

<入園料>

  • 大人(中学生以上)650円
  • 子供 300円(未就学の子供無料)

<営業時間> 

  • 午前8時から午後5時まで(1月1~3日休み)
スポンサーリンク

駐車場

駐車場は無料! 100台分完備

ペットOK(大型犬OK)

 

パンフレットのダウンロードができる!

観光農園「花ひろば」さんのHPで、パンフレットがダウンロードできます。

詳しく知りたい方はまずは観光農園「花ひろば」のHPを見てね。

パンフレットダウンロードはページの一番上にあります。

 

スポンサーリンク

観光農園「花ひろば」のひまわり

ひまわり群生

名古屋から「ひまわり」を見にいくならここ!

というくらい、ひまわりが多くて気持のよいところです。

6月下旬から11月下旬までの間、ひまわり満開です!

上の方からは海が見え、下の方ではひまわりの間を通る道に撮影スポットが

随時フォトコンテストを開催していますから、行った記念に応募してみるのもいいですね。

青い空と一緒がやっぱりいいです!

 

観光農園「花ひろば」地元の農家さんの自慢の物産展

農園の入り口には、地元の農家さんの自慢の野菜や果物が販売されています。

入園料払わなくても購入できますよ。

夏はスイカが500円から!野菜はもちろん新鮮そのもので格安!

なおスイカ販売は試食してから購入できます。

2018年6月29日現在、試食販売はじまったみたいですよ。

2019年も同じ時期からと思います。

 

車椅子で園内(花畑)を見学もOK

車椅子を利用しての見学ができます。

「花ひろば」さんのQアンドAによると、

「車椅子用の設備は整っておりませんが、補佐いただける方がお見えでしたら園内の整備された道路からはお花を楽しんでいただくこともできます。」

とありました。

ひまわり群生と青空

いちご狩り(12~5月上旬)やメロン狩り(7~8月)もできるとあって、人気のスポットになっています。

1年を通してお花もいろいろと咲いてます。

花摘みもできて、とっても素敵な写真がとれる南知多町の「花ひろば」。

デートにドライブの立ち寄りに。

愛知県知多郡南知多町  観光農園花ひろば 




スポンサーリンク