スポンサーリンク



旅先モバイルWi-Fiネット回線速度比較・岐阜のマチュピチュ/天空の茶畑【動画あり】

旅先でのモバイルWi-Fiでネット回線の速度比較です。

移動先で、ブログを書いたり、動画を編集したりするので、いつもモバイルネット環境を整えています。

今回は、岐阜県のマチュピチュ/天空の茶畑へいった時の速度測定です。

2020年2月2日が測定日です。

 

スポンサーリンク

岐阜のマチュピチュ/天空の茶畑でのモバイルWi-Fi、WiMAX2+速度比較動画

 

スポンサーリンク

いつも持ち歩いているネット環境

モバイルネット回線と契約先
ドコモ系格安SIM(OCNモバイルONE)

OCN モバイル ONE

WiMAX2+

BroadWiMAX

限界突破Wi-Fi(主にソフトバンク4G回線)

【限界突破WiFi】

ドコモ系格安SIM(OCNモバイルONE)は、スマホに使っています。

格安SIMです。

WiMAX2+と限界突破Wi-Fiは、モバイルルーターです。

スポンサーリンク

WiMAX2+はエリアが狭い

WiMAXの速度は1.4Mbpsで遅いですね。

WiMAX2+は、やはり岐阜のマチュピチュ/天空の茶畑では、つながりませんでした。

WiMAX2+の契約で、WiMAXがつながらないときは、ハイスピードプラスエリアという回線があります。

WiMAXのエリア外では、auの携帯電話の4G回線を使えるようにしたものです。

名称がハイスピードプラスエリアとかいうので、すごい高速なのかなと思いきや、全然早くありません。

その回線につなげても、速度は1.4Mbpsで遅いですね。

WiMAXは山の中では、ダメですね。

道の駅なんかでもつながらないところが多いです。

ソフトバンクの4G回線は山の中でもつながった。

ソフトバンクの4G回線は山の中でもつながった。

限界突破Wi-Fiは、クラウドSIMというので、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアの携帯電話のデータ回線で4G回線を相互に使えるようにしたものです。

自動で一番つながりやすい会社の回線につなげてくれます。

今までの経験では、だいたいソフトバンクの高速回線につながります。

エリアは、携帯電話と同じで広いです。

今回の岐阜のマチュピチュ/天空の茶畑の駐車場での測定でも、20Mbpsと十分な速度が出ていました。

これだけのデータ速度があれば、普通にネットを使えます。

動画も十分な速度で観ることができます。

まとめ

標高300メートルほどの山の中、岐阜のマチュピチュ/天空の茶畑の駐車場でのデータ測定比較でした。

WiMAXと限界突破Wi-Fiのソフトバンク4G回線対決でした。

山の中はやっぱり、4G回線のモバイルWi-Fi系が強いですね。

車中泊や旅行先でのネット環境は、WiMAXより、4G回線のモバイルWi-Fiの方がいいという結論です。

現在私たちが利用している回線です。

モバイルWi-Fiについては、こちらの通信料金節約ワザ.comさんに掲載されました。

WiMAXやモバイルWi-Fiの種類など詳しく解説されています。

なごやネットのWiMAX、モバイルWi-Fiデータ速度測定比較の実況動画も紹介されています。

ご参考までにどうぞ。

●無制限モバイルWi-Fiおすすめ比較表

https://fastsecurecontactform.com/418.html

 

モバイルネット回線と契約先
ドコモ系格安SIM(OCNモバイルONE)

OCN モバイル ONE

WiMAX2+

BroadWiMAX

限界突破Wi-Fi(主にソフトバンク4G回線)

【限界突破WiFi】

(ゴロマル)




スポンサーリンク