スポンサーリンク



「道の駅飯高駅」の天然温泉いいたかの湯女湯入り口(三重県松阪市)

◆いいたかの湯入り口

三重県松阪市にある、天然温泉の「いいたかの湯」は露天風呂からの景色が素晴らしいです。

鳥のさえずりを聞きながら、櫛田川を見下ろしながらのひと時が過ごせます。

湯舟の数が多く、二種類のサウナも楽しめます。

時間を忘れてのんびりくつろぎことができました。

料金と時間、温泉の泉質、湯舟の楽しみについての体験談です。

スポンサーリンク

香肌峡温泉・いいたかの湯 料金時間

道の駅「飯高駅」の施設内にある天然温泉(香肌峡温泉)。

スポンサーリンク

いいたかの湯・料金

いいたかの湯(道の駅飯高、三重県松阪市)の料金表

  • 大人: 660円(10枚綴回数券…5,500円)
  • 65才以上: 440円(10枚綴回数券…4,400円)
  • 障がい者手帳をお持ちの方 :440円
  • 小人:(4才から小学生以下) 330円
  • 3才以下: 無 料

いいたかの湯(道の駅飯高、三重県松阪市)の入浴の自販機

◆自販機でチケット購入

JAF会員証持参で100円割引あり。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・ドライヤー備え付け。

2020年6月1日から貸しタオルは廃止。

脱衣ロッカーは100円リターン式

営業時間・定休日

◆時間:10:00~20:00(20:45閉館)

◆定休日:毎週水曜日(但し、祝日の場合は営業し、その翌平日休み)、12/31~1/1

いいたかの湯(道の駅飯高、三重県松阪市)の温泉、赤湯波の湯入り口

◆赤湯波の湯の入り口(この日男湯)

スポンサーリンク

いいたかの湯の特徴

いいたかの湯(道の駅飯高、三重県松阪市)の温泉、赤湯波の湯の様子

◆いいたかの湯 赤湯波の湯の様子(この日男湯)

湯舟は全11種類あり、男湯・女湯は奇数日・偶数日で入替るシステムです。

この日の女湯(局の湯)で報告しますね。

内風呂

  • 大浴場(ガラス貼りで 山の景色が良く見える)
  • 寝湯
  • 八角形の薬草風呂
  • 乾式サウナ
  • 蒸し風呂(木製一人座り)

今回訪問時は新型コロナの関係で、乾式サウナが使用できなかったのが残念でした。

木製の入れ物に入る蒸し風呂は初体験、いい汗かけました。

薬草風呂はドクダミ湯でした。

ドクダミは肌の抗菌作用があるので、あせも・湿疹などの吹き出物、水虫・かぶれに効果があるということです。

露天風呂

いいたかの湯(道の駅飯高、三重県松阪市)の温泉、局の湯の内風呂からの景観

◆局の湯の内風呂からの景観(この日女湯)

  • つぼ湯(かめ風呂)二つ
  • 打たせ湯ひとつ
  • 広い岩風呂

かめ風呂は「冷やし湯」でミストシャワー付き(これ気持ちいい)。

(夏季限定6月8日から9月29日まで )

岩風呂からは山、川、茂る木々を存分に堪能できます。

また見晴らしを眺めつつ落ち着けるよう椅子が設置されています。

内風呂も露天も滑りにくい床で安心して歩けます。

内風呂からも露天からも、とにかく素晴らしい景色を眺められるのは最高です。

テレビがないのもよかった。

設備とパウダールーム

お風呂のカランとシャワーは、台が高く腰に負担なく洗いやすい。

間仕切りのあるスペースが半分ほど、手入れに頻繁にきてくれていました。

パウダールームは木製の落ち着いた雰囲気で、清潔感のあるところでした。

いいたかの湯の温泉の泉質

いいたかの湯(道の駅飯高、三重県松阪市)の温泉の泉質表示

◆いいたかの湯の温泉の泉質表示(平成27年1月27日分析)

表に掲げられたもの以降、2020年4月2日から源泉が変っています

↓↓

泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(低張性中性冷鉱泉)

源泉の温度は17.7℃

pH値:6.3(ほぼ中性)

源泉加温して循環させて使用しています。

燃料は低硫黄のLSA重油を使用しているとのこと。

温泉の効能:末梢循環障害、皮膚乾燥症、自律神経不安定症、関節リウマチ、腰痛症、神経痛、五十肩、冷え性、 糖尿病、軽い高コレステロール血症、軽い喘息、痔の痛み、疲労回復など

ほとんど無色透明で無臭、弱い塩味と炭酸味をわずかに感じます。

見たところ飲用できる設備がなかったので、確認するのは忘れました。

※かけ流しはないです

いいたかの湯のまとめ

内風呂、露天風呂の両方からの景観が素晴らしく、静かなときが過ごせます。

木と岩の落ち着いたしつらいと、ムードのあるBGMに癒される。

夏バージョンの冷やし湯とミストがあるので、夏でも温泉が楽しめます。

「道の駅飯高駅」(三重県松阪市)施設の内側、芸能人の訪問も多い

◆道の駅飯高駅施設内の色紙飾り

温泉施設の入り口付近である、道の駅飯高駅の施設内には、芸能人のたくさんの色紙が掲げてあり、「いいたかの湯」の人気を伺わせます。

開業2004年 11月25日で、2019年11月には200万人を達成しているという人気の天然温泉。

お湯よし、眺め良し、設備もとてもきれい、受付の女性もやさしい。

とてもゆったりと癒されました、ありがとうございました。

2020年6月7日訪問体験記録

この日は併設の「道の駅飯高駅」で車中泊させていただきました⇒「道の駅「飯高駅」で車中泊を体験・天然温泉あり/静かな環境(三重県松阪市)」

◆二見浦と夫婦岩の観光に⇒「二見浦と夫婦岩へ(三重県伊勢市)・日の出/駐車場アクセス/ランチについて」

(温泉ソムリエのよっちゃん)

道の駅飯高駅と夫婦岩観光の様子を動画にしました

 

三重県松阪市飯高町宮前177 香肌峡温泉 いいたかの湯




スポンサーリンク