玄宮園(彦根城)の紅葉ライトアップ2022いつから/入場料/お茶/案内図/雨では(滋賀県)

スポンサーリンク



玄宮園(滋賀県彦根市)門

◆名勝玄宮園(げんきゅうえん)東出入り口

彦根城のふもとにある「玄宮園(げんきゅうえん)」は面積約2万8千㎡もの大池泉回遊式庭園。

江戸時代初期の彦根藩藩主であった井伊直興が、1677年に造営した庭園と伝えられています。

桜と紅葉の季節にはことのほか美しく、お茶席からの眺めが素晴らしいです。

紅葉の見頃には庭園がライトアップされ、幻想的で妖艶な景色を堪能できます。

秋の玄宮園でのライトアップの期間や時間、入場料、一服のお茶をいただくなどをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

玄宮園の紅葉の見頃とライトアップ

紅葉 ライトアップ

スポンサーリンク

彦根城の紅葉名所は?玄宮園

彦根城の紅葉名所はどこ?

それはもちろん名勝で名高い「玄宮園」です。

庭園の部分を玄宮園、御殿部分を楽々園と称し、玄宮楽々園会場でライトアップがなされます。

玄宮園は広大な池水が中心にあり、池の中の島や入り江に9つの橋がかかり、とても変化にとむ回遊式庭園です。

玄宮園の紅葉の見頃

玄宮園の紅葉の見頃は、例年通りの11月中旬から12月上旬です。

玄宮園・紅葉のライトアップいつからいつまで?

秋が深まるころに庭園一帯が赤く色づき、まさに錦秋のころとなります。

風情ある庭園内では、彦根城をバックに素晴らしい紅葉の景観に。

  • 錦秋の玄宮園ライトアップ期間:令和4年11月19日(土)から30日(水)
  • 錦秋の玄宮園ライトアップ時間:18時から21時(入場は20時30分まで)
  • 会場:名勝 玄宮楽々園(彦根城域)

玄宮園の紅葉ライトアップ・入場料

  • 入場料:大人700円・小中学生350円

昼間に購入した彦根城・玄宮園観覧券では入場することはできません。ご注意を。

スポンサーリンク

玄宮園でお茶を一服

彦根藩の賓客をもてなすための客殿「鳳翔台(ほうしょうだい)」

玄宮園内の南部、築山上にある茶室が「鳳翔台(ほうしょうだい」。

かつてはこの「鳳翔台」から伊吹山がよく見え、庭園の眺望となっていたそうです。

ここは彦根藩の賓客をもてなすための客殿で、ひなびた趣のある建物。

「鳳翔台」で紅葉のライトアップを観賞しながらお抹茶がいただけます。

至福のひとときが約束されそうですね。

一服の料金と予約

  • 一服:500円(お抹茶とお菓子)
  • 場所:玄宮園内の鳳翔台
  • 要予約

※予約は「Airリザーブのページ」となっています。お好きな時間を予約できます。

彦根観光ガイドのHPを確認してくださいね⇒「彦根観光ガイドHP 錦秋の玄宮園ライトアップのページ

※通常のお茶の時間は9時から16時ですが、ライトアップ期間は18時からの4枠です。

鳳翔台(ほうしょうだい)茶席の様子

玄宮園(滋賀県彦根市)の茶室

◆玄宮園の茶室鳳翔台

玄宮園の茶室は、お庭の小高いもっとも景観のよいところにあります。

しんと静まり返った風雅なお部屋。

玄宮園(滋賀県彦根市)の茶室

◆玄宮園の茶室鳳翔台

野点(のだて)の席からは、庭の全景が見渡せるようになっています。

錦秋の玄宮園・ライトアップ中のイベント

錦秋の玄宮園ライトアップ期間は、彦根城に夜間はいれるイベントがあります。

またほかにも以下のようなイベントが楽しめます。

  • ひこにゃん登場:11月19日(土)18時15分から30分・雨天は登場しません
  • 灯りアート:会場 臨池閣(旧八景亭)
  • お堀巡りの遊覧船:期間中の土日祝
  • ひこね夢灯路:9月10日から11月30日(観覧無料)

イベントの詳細は「彦根観光ガイドの錦秋の玄宮園ライトアップのページ」にチラシがありますよ。

玄宮園案内図(マップ)

玄宮園(滋賀県彦根市)マップ地図

◆玄宮園 案内図(マップ)

券売所(出入り口)は東口券売所と西口券売所の二か所。

玄宮園(滋賀県彦根市)の案内図(マップ)

◆玄宮園の案内図(マップ)少しアップで

春に訪問したときは、建物の中には入れませんが、玄関棟と楽々園のたたずまいは拝見できました。

玄宮園 楽々園の玄関棟

◆玄宮園 楽々園の玄関棟

 

以下は春・新緑のころに玄宮園を訪問したときの様子です。

玄宮園の庭園の造りなどを紹介しています。

玄宮園のおもな造りと景観

玄宮園 橋

◆玄宮園 龍臥橋

中央にある魚躍沼(ぎょやくしょう)を中心にして七間橋、龍臥橋(りゅうがばし)、琴橋等の橋や、島がいくつもあります。

池泉回遊式庭園で、いろいろな角度から見て楽しめます。

樹木・岩石・池を巧みに配しているところも見どころ。

池の周りに、湖南省洞庭湖(こなんしょうどうていこ)の瀟湘八景(しょうしょうはっけい)にちなんで選ばれた近江八景、竹生島(ちくぶしま)や沖の白石などを模して造られています。

玄宮園 橋

とにかく素晴らしい景観です。

借景に彦根城の石垣と天守閣

彦根城の石垣と天守閣を借景にしている玄宮園

◆彦根城の石垣と天守閣を借景にしている玄宮園

彦根城の石垣と天守閣そのものが借景となり、彦根城の庭園そのものです。

広々として橋がいくつもかけられ、歩く先々で違う景色を堪能できます。

玄宮園・料金時間・駐車場

玄宮園・入園料金時間

玄宮園のみの入場料の設定はありませんでした。

  • 彦根城とのセット入場料:大人800円(小人200円)
  • 営業時間:8時30分から17時
  • 無休

玄宮園・駐車場

彦根城 桜場駐車場 料金

◆彦根城 桜場駐車場

専用駐車場はありません。

  • 最も近い駐車場は東券売所に隣接した「桜場駐車場」:一回1,000円
  • 彦根市営の京橋口駐車場:1時間まで400円 1時間を超え4時間以内は30分毎に100円加算

玄宮園・桜の見ごろとライトアップ

桜の季節には夜桜のライトアップが美しい。

  • 桜の例年の見ごろ:3月下旬から4月中旬(気象条件により前後することあり)
  • 夜桜・ライトアップ:あり 2022年3月26日(土)~4月14日(木)18:00~20:30(うち開花期間中のみ実施)
  • 桜祭り:あり 2022年3月26日(土)~4月14日(木) 彦根城桜まつり

玄宮園の雨の日は?穴場?服装は?

玄宮園の雨の日は、これまた幻想的!で穴場的スポットです!

雨の日はお出かけする人も少なく、玄宮園の庭園の紅葉は、雨とのコラボで幻想的な風景を楽しむことができます。

また桜のころも、雨ならではの風情のある趣に。

大雨でない限り玄宮園の桜や緑、紅葉を楽しむには案外よいかもしれません。

雨の日は気温も下がります、服装や足もとの準備を整えてお出かけを。

玄宮園の雨の日に準備したいもの/注意事項

玄宮園の庭園は、しっかりと踏み固められた地面ではありますが、やはり雨のときは履物はそれなりに。

  • 雨にぬれてもいいレインブーツや靴
  • 大き目のビニール傘(玄宮園の風景が見やすい!)
  • 春や秋、冬には気温が下がりますので日中でもコートやジャンパーなど羽織ものを
  • 雨の日は客足は減りますが彦根城とともに人気のある名所なので、小雨程度なら土日には渋滞があるかも
  • 透明の大き目の傘で相合傘!カップルにはむしろおすすめの雨

玄宮園(彦根城)の紅葉ライトアップ2022いつから/入場料/お茶/案内図/雨では(滋賀県)まとめ

昭和26年に国の名勝に指定されている「玄宮園」。

現在は、庭園部分を玄宮園、御殿部分を楽々園と称しています。

玄宮園の橋のらんかんにかかる紅葉

◆玄宮園の橋のらんかんにかかる青紅葉

変化にとんだ素晴らしい景観の庭園は、落ち着いたたたずまいで、彦根藩の賓客をもてなすための客殿でいただくお茶は格別でしょう。

◆彦根城の料金や駐車場、ひこにゃんに会える場所

彦根城:駐車場とアクセス/料金/ひこにゃんはどこ?時間場所(滋賀県彦根市)【動画あり】
国宝彦根城、関ヶ原合戦の前哨戦で耐え抜いた、大津城から移築されたといわれています。 慶長12年(1607)頃に完成。 丸みを帯びた唐破風や切妻破風を駆使した、変化のある屋根が他の現存天守にはない美しさです。 彦根城へのアクセス方法...

◆滋賀県の湖東三山の金剛輪寺の紅葉も素晴らしい

金剛輪寺 紅葉2022見頃と見どころ/ライトアップ/時間拝観料/雨では/あじさい(滋賀県)【動画あり】
金剛輪寺の紅葉2022の見頃と見どころを紹介。ライトアップは名勝庭園で。参拝時間や拝観料、駐車場やアクセス方法、ランチ・食事の体験談をお伝えします。6月にあじさいの見頃に訪問したときの報告も兼ねています。

玄宮園 滋賀県彦根市金亀町9−3

※2022年5月20日訪問・2022年11月13日紅葉とライトアップについて記載更新




スポンサーリンク
スポンサーリンク
滋賀県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
よっちゃん

着付け師範として着物着付け教室を運営。温泉が健康にいいとスーパー銭湯や温泉巡りが趣味。温泉ソムリエの資格取得。旦那でカメラマン、運転手役のゴロマルとドライブしながら観光情報などお役立ち情報をまとめています。

よっちゃんをフォローする
よっちゃんをフォローする
なごやねっと-na58.net-

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました