スポンサーリンク

このサイトには広告が含まれます。

八女黒木大藤まつり【2023年版】黒木瞳さんも登場!見頃!アクセス・駐車場情報、ライトアップ、食事&歴史も完全ガイド

スポンサーリンク



黒木の大藤

2023年の黒木の大藤まつりを楽しむための情報が満載の記事です。

4月22日から「八女黒木大藤まつり」も始まって見頃を迎えています。黒木瞳さんも登場して盛り上がっている福岡県八女市黒木町です。

見頃やアクセス情報、駐車場の詳細からライトアップイベント、周辺での食事やお弁当情報、さらに歴史まで、黒木の大藤に関するおすすめ情報です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年 黒木の大藤の見頃と開花情報

2023年の黒木の大藤は、4月下旬に見頃を迎えています。

福岡県八女市黒木町で開催される八女黒木大藤まつりは、華やかな藤の花を楽しむことができる人気イベントです。

スポンサーリンク

八女市黒木町出身の黒木瞳さんも登場で大盛り上がり!

2023年の黒木の大藤の見頃や開花情報をお伝えします。

2023年の開花状況と見頃

2023年の黒木の大藤は、4月中旬から5月上旬頃までが見頃です。特に、4月下旬が最も美しい満開の時期となります。

この時期には、約3000平方メートルの藤棚が一斉に藤色に染まり、甘い藤の花の香りが漂います。

黒木の大藤の見どころ

黒木の大藤

  • 藤棚の規模: 黒木の大藤は、約3000平方メートルの広さがあり、日本有数の藤棚として知られています。
  • 華やかな花: 色とりどりの藤の花が咲き誇り、美しい景色を楽しむことができます。
  • ライトアップ: 夜間には、藤の花が幻想的にライトアップされ、昼間とは違った魅力を楽しむことができます。
スポンサーリンク

黒木の大藤へのアクセス方法と駐車場情報

黒木の大藤

九州高速道路からのアクセス

九州自動車道の八女インター料金所を出たら、左折してください。

国道442号線との交差点を右折し、直進します。

国道442号線と国道3号線が交差する箇所を過ぎたら、「竹田 黒木」方面へ道なりに進みます。

大藤まつり会場まで約20分です。

駐車場情報

物産展会場の近くには有料駐車場があります。

  • 自家用車:500円
  • マイクロバス・バス:3,000円

また、無料駐車場も用意されていますので、係員にお尋ねください。

黒木体育センターや旧国鉄黒木駅跡の近くには大きな駐車場があります。

駐車場付近には公衆トイレも完備されており、旧国鉄黒木駅跡にはC11型の蒸気機関車が展示されています。

徒歩約5分で素盞嗚(すさのお)神社に到着します。

シャトルバスの運行情報

運行日:4月22日(土)、4月23日(日)

  • 乗車場所:JR久留米駅(西口)、日本生命久留米駅前ビル(西鉄久留米駅前)
  • 発車時刻:JR久留米駅 10:00、日本生命久留米駅前ビル 10:10
  • 運賃:片道1,000円
  • 復路:黒木発 13:00

バスでのアクセス

JR鹿児島本線「羽犬塚駅」から堀川バス黒木行きに乗車し、約45分で「黒木」バス停に到着します。

ここから徒歩約10分で黒木の大藤にたどり着けます。バスの料金は780円です。

黒木の大藤の混雑予想

例年、約20万人の観光客が黒木の大藤を訪れます。

立地的に自動車で来る方が多いため、駐車場の収容台数は多いですが、万が一のことを考慮して、早めに駐車場に到着することをおすすめします。

黒木の大藤のライトアップイベント

藤ライトアップ

大藤ライトアップの概要

黒木の大藤は、昼間だけでなく夜も楽しむことができます。

4月中旬から5月初旬の期間中、素盞嗚神社境内で大藤のライトアップイベントが開催されます。

18時30分から22時まで、美しい大藤が幻想的に照らし出されます。

ライトアップされた大藤の魅力

ライトアップされた大藤は、昼間とは違った幻想的な美しさを持っています。

夜の静けさと藤の花の甘い香りが、幻想的な雰囲気を一層引き立てて、訪れた人々を魅了します。

また、ライトアップされた大藤は、手水に映り込む姿も美しく、撮影スポットとしてもおすすめです。

周辺エリアのライトアップ

黒木大藤まつりの期間中は、大藤だけでなく、周辺エリアでもライトアップが行われます。

灯籠や藤の看板など、会場全体が美しくライトアップされ、夜の散策も楽しめます。

黒木の大藤のライトアップイベントは、春の夜の風物詩として多くの人々を魅了しています。

昼間の華やかな大藤とは違った、幻想的な雰囲気を楽しみたい方にはぜひおすすめのイベントです。

八女市 黒木の大藤まつりの魅力

黒木の大藤

2023年の開催情報

2023年4月22日(土)から5月7日(日)まで、福岡県八女市黒木町で「八女黒木大藤まつり」が開催されます。

新型コロナウイルス感染予防のため中止が続いていたこのまつりが、4年ぶりに開催されることとなりました。

ただし、藤の花の開花状況によってはイベント日程が変更される場合がありますのでご注意ください。

黒木大藤まつりの見どころ

期間中は、地元特産物や季節野菜、だご汁、イモ饅頭などの物産展が開催されます。

また、スタンプラリーが開催され、酒蔵開放などの関連イベントも楽しむことができます。

そして、夜間には大藤のライトアップも行われ、訪れた人々を魅了します。

イベント詳細

  • 開催場所:〒834-1217 福岡県八女市黒木町黒木上町5-2 素盞鳴神社境内
  • 電話番号:0943-42-1111(黒木町企画振興課商工観光課)
  • 開催日:2023年4月22日(土)~5月7日(日)
  • アクセス情報:JR鹿児島本線「羽犬塚駅」から堀川バス黒木行きで約45分、「黒木」から徒歩約10分
  • 観覧:無料
〒834-1217 福岡県八女市黒木町黒木上町5-2 素盞鳴神社境内

主なイベント内容

  • 藤の花神酒召せの式典
  • 大藤まつり物産展
  • 黒木名所めぐりスタンプラリー
  • 無料湯茶接待
  • 大藤ライトアップ

毎年、黒木大藤まつり期間中には、後藤酒造場や旭松酒造で酒蔵開放が行われます。

また、第60回献茶祭や森林セラピー体験など、さまざまな関連イベントも開催されます。

関連イベント一覧

  • 蔵開き(会場/後藤酒造場)期間:4月14日(金)~5月7日(日)
  • 蔵開き(会場/旭松酒造)期間:4月22日(土)~5月7日(日)
  • 真昼のファンタジー「酒蔵竹灯籠」期間:4月22日(土)~5月7日(日)会場:旭松酒造
  • 「絵とうつわ」とうりゃんせ 期間:4月22日(土)~5月7日(日)(不定休あり)会場:とうりゃんせ
  • 第60回献茶祭 期日:5月2日(火) 会場:霊巌寺
  • 森林セラピー体験(要予約)期間:通年実施(3日前までに要予約)会場:くつろぎの森グリーンピア八女

黒木の大藤 素盞嗚(すさのお)神社の魅力

八女市黒木町にある素盞嗚神社は、黒木の大藤で有名です。

毎年開催される大藤まつりでは、大藤がライトアップされ、幻想的な雰囲気が楽しめます。

特に手水に映り込む夜の大藤は、その美しさが際立ち、撮影スポットとしてもおすすめです。

福岡県八女市黒木町で開催される「八女黒木大藤まつり」は、藤の花が美しい時期に行われるイベントで、多くの人々が訪れます。

地元特産物や季節野菜の販売、スタンプラリー、酒蔵開放など、さまざまなイベントが楽しめるので、ぜひ足を運んでみてください。

黒木の大藤周辺の食事やお弁当情報

まつり期間中の物産展

八女黒木大藤まつり期間中には、9:00~17:00の間に物産展が開催されています。

ここでは、黒木の特産品や季節野菜、芋まんじゅう、だご汁などの郷土料理が販売されており、美味しい食べ物を楽しむことができます。

周辺の食事・宿泊施設

黒木の大藤まつりを訪れた際には、周辺の食事・宿泊施設も利用してみてください。以下に、おすすめの施設を紹介します。

  • グリーンピア八女
    住所:〒834-1204 福岡県八女市黒木町木屋10905
    電話番号:0943-42-2400
    FAX:0943-42-2422
  • グリーンパル日向神挟
    住所:〒834-1201 福岡県八女市黒木町北大淵4410-2
    電話番号:0943-45-1001
    FAX:0943-45-0123

これらの施設では、美味しい食事や宿泊を楽しむことができます。

八女黒木大藤まつりを満喫するために、ぜひ利用してみてください。

黒木の大藤とは?その歴史と背景

黒木の大藤

黒木の大藤と素盞嗚神社の位置

福岡県八女市黒木町にある素盞嗚(すさのお)神社の境内には、国の天然記念物に指定された黒木の大藤があります。

この藤は、日本国内で有数の規模を誇る著名な藤で、1928年に国の天然記念物に指定されました。

現地案内表示や観光案内では、「黒木大藤」または「黒木の大藤」と呼ばれることが多いです。

八女黒木大藤まつり

毎年4月中旬から5月上旬にかけて、素盞嗚神社では八女黒木大藤まつりが開催されます。

この期間には、巨大な藤棚から1メートルを超す多数の花房が垂れ下がり、多くの観光客で賑わいます。

黒木の町並み

黒木の町並みは、福岡県南部の観光地として知られており、2009年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

町並みは素盞嗚神社と黒木の大藤に隣接しており、観光客にとって魅力的なスポットとなっています。

黒木の大藤の特徴

黒木の大藤は、地上約2メートルのところで2本の太い枝に分かれ、それぞれが横に延びて無数の枝や蔓を作り、藤棚の全面に広がっています。

また、根元付近では幹が複雑に絡み合い、渦巻きのような状態になっています。

藤棚の面積は約3,000平方メートルもあり、開花時には長い花房が多数垂れ下がります。

黒木の大藤の歴史

黒木の大藤

黒木の大藤は、1395年に南朝の征西大将軍懐良親王によって植えられたと伝えられており、樹齢は600年を超えています。

その後、1586年の大友氏による兵火や1821年の火災により樹勢が損なわれましたが、近隣の人々の手厚い保護により枯死することは免れ、今日まで生き延びています。

黒木の大藤と素盞嗚神社の魅力

黒木の大藤は、素盞嗚神社とともに地域の歴史と文化を感じさせる場所であり、春には開花時期に合わせて開催される八女黒木大藤まつりが人々を魅了します。

また、周辺には2009年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された黒木の町並みがあり、観光客にとって魅力的なスポットとなっています。

素盞嗚神社と黒木の大藤は、日本の歴史と自然の美しさが共存する場所であり、多くの人々に感動を与える観光スポットです。

福岡県南部を訪れる際には、ぜひこの素晴らしい景観を楽しんでみてください。

八女黒木大藤まつり【2023年版】黒木瞳さんも登場!見頃!アクセス・駐車場情報、ライトアップ、食事&歴史も完全ガイドまとめ

福岡県八女市黒木町にある素盞嗚神社の境内には、国の天然記念物に指定された黒木の大藤があります。

この樹齢600年以上の藤は、後征西将軍良成親王のお手植えと伝えられ、数々の戦火や火災を乗り越えて今日まで生き延びています。

春には美しい紫色の花房を垂れ下げ、黒木大藤まつりが開催され、多くの観光客で賑わいます。

周辺にはグリーンピア八女やグリーンパル日向神挟などの宿泊施設や食事処もありますので、観光客にとって非常に便利な立地です。

黒木の大藤と素盞嗚神社は、日本の歴史と自然の美しさが共存する場所であり、多くの人々に感動を与える観光スポットです。

福岡県南部を訪れる際には、ぜひこの素晴らしい景観を楽しんでみてください。

ページが見つかりません|八女市ホームページ
八女市ホームページは2020年12月21日に全面リニューアル致しました。その影響により、しばらくの間Google・Yahooなどの検索サイトから検索した場合、リニューアル前のページが検索され、お探しのページが見つからない事象が発生します。新...



スポンサーリンク
福岡県
スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いた人
ゴロマル

熟年夫婦でVANLIFEを実践しようと頑張るゴロマルです。温泉ソムリエの妻よっちゃんの影響でスーパー銭湯、温泉巡りが趣味になってしまいました。ドライブ、DIY大好きです。一応、社長もやってます。ファスティング、プチ断食、筋トレで健康管理中。

ゴロマルをフォローする
ゴロマルをフォローする
スポンサーリンク
なごやねっと-na58.net-
スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました