スポンサーリンク



名古屋の栄のオアシス21で、川久屋のかき氷を食べる

名古屋の栄のオアシス21にあるかき氷屋さん、川久で、フワッフワのかき氷で一時暑さを忘れた!

こぼれ防止カップ(デカップというらしい)があるので、テーブルを汚す心配なし。

冷たいっと思った瞬間にとける口どけのよさ。

シンプルなかき氷が、昔の記憶を思い起こさせます。

 

スポンサーリンク

川久のかき氷・二種類のシロップOK

かき氷屋川久の看板とメニュー(名古屋市栄のオアシス21で)

川久のかき氷は二種類のシロップを選べます。

そして練乳は無料

シロップの種類が多いですね。

あまおういちご・ぶどう・ももを始め、 ラフランス・グァバ・ライチなど 全部で 22種類もありました。

こんなにあるので迷う迷う。

一種類でもいいですし、二種類選んでもOKなのはうれしい。

名古屋の栄のオアシス21で、川久屋のかき氷を◆名古屋の栄のオアシス21で、川久のかき氷

選んだのは4歳の女の子(孫)、「みかん」と「もも」にしてもらいました。

どうやって作るのか見ていると、

カップの中は「みかん」のシロップ、上にふんわり盛り上がるところに「もも」のシロップをかけてくれていました。

こんなにまるく盛り上がったかき氷、幼児の頭くらいの大きさだわ。

で、どうやって食べる?と心配したその時、

こぼれ防止カップ(デカップ)にストンと出来上がったかき氷をカップごと入れて完成

黒いスプーンを必要なだけもらいます。

お値段は一律600円、券売機で購入。

名古屋の栄のオアシス21、川久屋のかき氷のお店

◆名古屋の栄のオアシス21、川久屋のかき氷のお店

川久屋さんはオアシス21の観光案内所のそば、階段の下で営業してます。

スポンサーリンク

デカップのおかげでジュースになった

名古屋の栄のオアシス21で、川久屋のかき氷を食べる、最後は飲むよ

デカップのおかげで、テーブルにこぼれることなくきれいにいただくことができます。

三方向から氷をつついたので、受け皿(デカップ)の上にはかなりの氷がこぼれてジュースと化してしまいました。

でも、それもストローでチュー。

氷よりジュースのほうが「オイシイ」っと連発してましたっけ。

ちょうどスタバのジュースを飲んだばかりで、ストローがあってよかった。

川久さんにはストローはなかったですよ。

小さい子とかき氷を食べるときは、ストローが必須かも?と思った次第です。

オアシス店の営業期間は?

かき氷川久の栄オアシス店オープンは2016年7月1日からだったそうです。

2019年8月下旬の今、4年目ということですね。

今日の日中の気温31度ほどなので、暑さのピークはこしているようです。

営業期間は「夏の間」らしいです。

はっきりしたことはわからないので、暑いうちにぜひどうぞ。

ちなみに、「まっちゃ」はあったけど、「金時」はありませんでした。^^

ロサンゼルスにも店舗を広げている躍進中のお店なので、知名度も抜群なのでしょうね。

日本のおいしい氷「富士山氷」、「信州上高地氷」、「中央アルプス氷」、「加賀白山氷」、「三重美里氷」のそれぞれの良さを知って仕入れているそうですよ。

老舗の氷問屋の氷屋川久さん、「氷そのものが美味しいかき氷をお楽しみください」とありました。

こだわりの氷・シロップのことなど⇒「氷屋川久HP

オアシス21には駐車場がないです、それで一番近いであろう駐車場にとめました⇒「オアシス21へ徒歩1分近い駐車場・料金/最大料金/高い?安い?(名古屋栄)

愛知県名古屋市東区東桜1丁目11−1 オアシス21




スポンサーリンク